このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 子供家庭 の中の 里親制度 の中の 里親制度 の中の ほっとファミリーのページ の中の 養育家庭(里親)体験発表会 の中の 「養育家庭」(里親)を知っていますか? のページです。

本文ここから
子供家庭

「養育家庭」(里親)を知っていますか?

「養育家庭体験発表会」を開催します
~10月と11月は「里親月間」です~
平成28年9月1日
様々な事情により親元で暮らせない子供を自らの家庭に迎え入れ、家庭的な環境で育てているのが「里親」です。
その「里親」の中でも、養子縁組を目的とせずに子供を育てている家庭を「養育家庭」と呼び、東京都では一人でも多くの子供が養育家庭のもとで育つよう、制度周知に努めています。
このたび、里親月間と位置づけている10月と11月を中心に、関係区市町村と協力し、養育家庭などの子育て体験を聞くことができる、養育家庭体験発表会を都内各地で開催しますので、お知らせいたします。

養育家庭体験発表会の概要(詳細は別紙チラシ)

1 内容(各会場により内容は異なります。)
 (1)養育家庭制度の説明
 (2)養育家庭として子供を養育した経験のある方からの体験発表
   里子を育てていく上での喜びや苦労についてのエピソードを語っていただきます。
   会場によっては養育家庭で育った元里子の方からの体験発表もあります。

2 参加対象
 養育家庭制度に興味をお持ちの方、子育て中の方、福祉に興味のある方など

3 開催時期
 里親月間を中心に9月から12月まで

4 場所
 都内52会場

5 事前申込
 必要な会場と不要な会場がございます。参加費は無料です。
 ※会場及び申込先は別紙チラシのとおり

こんなとき養育家庭が必要です!

あいちゃん

★親の病気や離婚、虐待などにより、長期間、親と一緒に生活することができない子供たちに…
「温かい愛情に包まれた家庭があれば…」
安心できる家庭に自分の居場所を見つけ、成長していくことができます。

★親の病気、出産など短期間、親と別に生活する必要がある子供たちに…
「近隣に養育家庭さんがいれば…」
住み慣れた地域で、同じ学校に通い続け、友だちと遊ぶことができます。

そのため、多くの都民の方々に「養育家庭」を知っていただきたいと思っています。都では、関係区市と協力し、10月と11月の里親月間を中心に、養育家庭などの養育経験を直接聞くことができる「養育家庭体験発表会」を開催します。開催日時等については、「平成28年度養育家庭体験発表会のお知らせ(チラシ)」をご覧ください。
この制度に関心のある方はもちろん、今、子育て中の方、福祉に関心のある方の参加をお待ちしています!!

印刷用ファイル

※このページでは、一部についてPDFによる情報提供を行っております。PDFファイルによる入手が困難な場合は、育成支援課里親担当へお問い合わせください。

平成28年度養育家庭体験発表会開催予定表(チラシ裏)に一部誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。

1 開催年月日に誤りがありました。(9月6日更新)
  項番 開催年月日 開催区市町 開催時刻 事前申込
8 10月18日(金曜日) 東村山市 14:00 不要

8

11月18日(金曜日) 東村山市 14:00 不要
2 会場名に誤りがありました。(9月8日更新)
  項番 開催日 開催区市町 会場
16 11月5日 (土) 杉並区 阿佐ヶ谷地域区民センター
16 11月5日 (土) 杉並区 阿佐谷地域区民センター
3 最寄駅に誤りがありました。(9月8日更新)
  項番 開催日 開催区市町 最寄駅
25 11月10日 (木) 墨田区 都営地下鉄銀座線「本所吾妻橋駅」
25 11月10日 (木) 墨田区 都営地下鉄浅草線「本所吾妻橋駅」

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 少子社会対策部 育成支援課 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

養育家庭(里親)体験発表会

  • 「養育家庭」(里親)を知っていますか?
ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る