このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 高齢者 の中の 介護保険 の中の 訪問看護推進総合事業 の中の 【補助金】平成30年度訪問看護ステーション代替職員(研修及び産休等)確保支援事業 《研修代替》 のページです。

本文ここから

【補助金】平成30年度訪問看護ステーション代替職員(研修及び産休等)確保支援事業 《研修代替》

平成30年度訪問看護ステーション代替職員(研修及び産休等)確保支援事業

平成29年度より、(旧)訪問看護師勤務環境向上事業(研修等代替)及び(旧)訪問看護師定着推進事業(産休等代替)を統合し、「訪問看護ステーション代替職員(研修及び産休等)確保支援事業」となりました。

以下、《研修代替事業》に係る内容となっています。

内容

訪問看護ステーションで働く看護職員が、外部研修等に参加する場合に、訪問看護ステーションが代替職員を確保する経費を支援します。

対象経費

(1)代替職員に支払う給与費等(1時間当たり3,200円上限)
(2)ステーションが負担する代替職員の交通費(1日あたり1,000円上限)

代替職員の確保方法

(1)研修受講中の代替職員を新たに雇用する場合
(2)既存の非常勤職員の出勤日数を増やして代替する場合(※)

  (※)原則として、当該非常勤職員が通常勤務日となっていない日が含まれているものとします。

補助金の制度について

※要件やスケジュール、Q&Aなど、申請の前に必ず確認してください。

平成30年度事業計画書の提出について

提出期限

研修代替については、平成30年度の補助金を申請される場合は、下記の期限までに事業計画書を提出してください。

【第1回】 平成30年5月16日(水曜日)
【第2回】 平成30年6月20日(水曜日)

注意事項

(1) どちらの期限に提出しても、補助内容に変わりはありません。

(2) 当補助事業は、あくまでも予算の範囲内で行うため、申請状況等により、追加募集や新たに期限を設定する場合があります。

提出先

〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1
東京都福祉保健局高齢社会対策部介護保険課 訪問看護推進担当 (研修代替)
電話 03-5320-4267

提出書類

※申請の際に本票をチェックし、添付のうえ提出してください。
※各様式は記入例を参考に作成してください。

※様式2-3については、代替職員の確保方法により様式が異なります。

ワード様式の記入例はこちら

交付申請書の提出について

事業計画の補助内示後の提出となります。(提出期限等は個別に御案内します。)

提出書類

※申請の際に本票をチェックし、添付のうえ提出してください。
※各様式は記入例を参考に作成してください。

※交付決定内容の変更申請の場合(事前に都担当者へ御連絡ください。)

※様式2-3については、代替職員の確保方法により様式が異なります。

ワード様式の記入例はこちら

実績報告書の提出について

交付決定以降、事業完了後10日以内の提出となります。(提出期限等は個別に御案内します。)

提出書類

※申請の際に本票をチェックし、添付のうえ提出してください。
※各様式は記入例を参考に作成してください。

※受講が確定したもの

※様式3-3については、代替職員の確保方法により様式が異なります。

ワード様式の記入例はこちら

補助金額の請求について

実績報告による額の確定後の提出となります。(提出期限等は個別に御案内します。)

提出書類

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 高齢社会対策部 介護保険課 介護人材担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。