このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 高齢者 の中の 介護保険 の中の 訪問看護推進総合事業 の中の 訪問看護人材確保事業~『訪問看護フェスティバル』の開催~ のページです。

本文ここから

訪問看護人材確保事業~『訪問看護フェスティバル』の開催~

 東京都では、都民の方や看護師等の方に、訪問看護*の実際や重要性、その魅力をPRし、在宅療養を支える訪問看護の理解促進と人材確保を図るため、平成25年度より「訪問看護フェスティバル」を開催しております。
平成30年度は、平成31年1月12日(土曜日)に、都庁5階大会議場にて、下記のプログラムで実施しました。
当日は、大変多くの方にご参加いただき、大盛況でした。
*訪問看護とは…看護師等が利用者の居宅を訪問し、医師の指示に基づき、療養上の世話や必要な診療の補助を行うサービスです。

訪問看護の普及啓発用リーフレット

【参考】「平成30年度訪問看護フェスティバル-Only Oneの看護2018-」(平成31年1月12日開催)実施内容

基調講演 「写真が語る、いのちのバトンリレー ~在宅看取りの現場から」  講師:國森康弘氏(写真家、ジャーナリスト)

「いのちを支える訪問看護」

第1部 寸劇「苦しいけれど姉に会いに行けますか?」-ある酸素導入利用者さんの願いを叶える
第2部 公開座談会(登壇者:医師、利用者家族、訪問看護師、訪問介護員、ケアマネジャー)

ミニ交流会「訪問看護師に聞いてみよう!」

現役の訪問看護師へ直接質問ができる交流会を実施しました。

相談会・展示について 12時~17時

介護相談・進路相談・就業相談

当日は各相談ブースを設け、看護職によるご相談受付けを行いました。
介護に関する相談のほか、看護学生等への進路相談や離職中の方などへの就業相談も行いました。

医療・介護用品の展示

介護用ベッド、介護用食品、紙おむつ、医療・福祉機器などを展示しました。

訪問看護の紹介(展示)

活動の実際、制度利用、訪問看護ステーションの紹介を行いました。

『訪問看護フェスティバル』チラシ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 高齢社会対策部 在宅支援課 介護医療連携推進担当(03-5320-4216) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。