このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 高齢者 の中の 講座・催し物 の中の 東京都認知症介護研修について の中の 【募集終了】平成30年度東京都認知症介護研修のお知らせ(開設者第2回) のページです。

本文ここから

【募集終了】平成30年度東京都認知症介護研修のお知らせ(開設者第2回)

このたび受講者を募集する研修は以下のとおりです。
(1)東京都認知症対応型サービス事業開設者研修(第2回)

※平成30年度の開設者研修については、今回が最終の御案内となります。

1 受講要件

 東京都内の小規模多機能型居宅介護事業者、認知症対応型共同生活介護事業者または、看護小規模多機能型居宅介護事業者の代表者の方(もしくは代表者になる具体的な予定がある方)。

2 申込方法 及び 申込期限

 添付の受講申込書(コピー可)に必要事項をご記入の上、事業所が所在する区市町村(※)の介護保険サービス事業者に係る指定所管部署に、平成30年11月26日(月曜日)までにお申込みください。
 ※別途提出する「認知症対応型サービス事業開設者研修受講に係る確認書」の「認知症対応型サービス事業開設者研修受講申込区市町村」で記入した区市町村にお申込みください。

3 受講料

 4,400円
 ※後日受講料払込用の納付書を東京都より送付いたします。所定の納付書を使用して、別途通知する指定期日までに受講料をお支払ください。
 なお、東京都福祉保健局関係手数料条例第6条に基づき、既納の受講料の返金はできませんので、あらかじめご了承ください。

4 パンフレット・受講申込書

5 研修の修了義務について

 小規模多機能型居宅介護事業者及び認知症対応型共同生活介護事業者、看護小規模多機能型居宅介護事業者の代表者は、本研修の修了が義務付けられています。
 ただし、以下に該当する方は、開設者研修の受講は不要です(みなし措置)。
(1)平成17年度に実施の実践者研修を修了した者
(2)平成17年度に実施の実践リーダー研修を修了した者
(3)平成17年度に実施の認知症高齢者グループホーム管理者研修を修了した者
(4)平成12年度から平成16年度の間に実施の痴呆介護実務者研修(基礎課程)を修了した者
(5)平成12年度から平成16年度の間に実施の痴呆介護実務者研修(専門課程)を修了した者
(6)平成12年度から平成17年度の間に実施の認知症介護指導者研修を修了した者
(7)認知症高齢者グループホーム開設予定者研修を修了した者(東京都では、「介護事業開設等支援セミナー」として平成16、17年度に実施したものが該当)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 高齢社会対策部 在宅支援課 認知症支援担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。