このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 高齢者 の中の 講座・催し物 の中の 東京都認知症介護研修について の中の 平成30年度東京都認知症介護研修のお知らせ(第5・6回リーダー研修) のページです。

本文ここから

平成30年度東京都認知症介護研修のお知らせ(第5・6回リーダー研修)

このたび受講者を募集する研修は以下のとおりです。
・東京都認知症介護実践リーダー研修(第5・6回)
※平成30年度のリーダー研修は、今回が最終のご案内となります。

1 受講要件

東京都内の介護保険施設・事業所(居宅介護支援事業所を除く)に従事している介護職員等で、以下の要件を全て満たしている方
(1)認知症介護実践者研修(痴呆介護実務者研修基礎課程を含む)を修了した方
(2)原則として、認知症の人の介護業務に5年以上従事した経験を有している方であって、実践者研修を修了し、1年以上経過している方
(3)各介護保険施設・事業所において介護・看護のチームリーダー(主任・副主任・ユニットリーダーなど)の立場にあるか、または、それらの方々を指導する立場にある方
(4)区市町村または地域での事業者連絡会等において、認知症支援の向上について役割を担うことができる方またはその意欲がある方

2 申込方法 及び 申込期限(※受講目的によって異なります)

(1)区市町村経由申込 【受講目的が、「短期利用認知症対応型共同生活介護を行うため(指定認知症対応型共同生活介護に限る)」である場合】

以下の【受講申込書】を用いて、事業所が所在する区市町村の介護保険サービス事業者にかかる指定所管部署に、10月3日(水曜日)までにお申込み下さい。

(2)直接申込 【上記以外の受講目的の場合】

以下の【受講申込書】を用いて、所属する介護保険施設・事業所等の長から、10月11日(木曜日)までに下記宛先に郵送して下さい。

〒112-0006 東京都文京区小日向4-1-6 
東京都社会福祉保健医療研修センター1階
東京都福祉人材センター研修室 「東京都認知症介護研修」担当

※申込期限は、いずれの場合も必着とし、FAXによるお申込みは一切受け付けません。

3 受講料

無料

4 パンフレット・受講申込書

5 研修の修了義務について

 指定認知症対応型共同生活介護事業所が、短期利用認知症対応型共同生活介護を行うに当たっては、本研修または痴呆介護実務者研修専門課程(本研修の旧体系)、もしくは認知症介護指導者養成研修を修了していることが必要です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 高齢社会対策部 在宅支援課 認知症支援担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。