このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 高齢者 の中の 社会参加の支援 の中の シルバーパスについて の中の シルバーパスの発行について のページです。

本文ここから
高齢者

シルバーパスの発行について

 満70歳以上の都民で希望される方に、都営交通(都バス、都営地下鉄、都電、日暮里・舎人ライナー)と都内の民営バスに乗車できる「東京都シルバーパス」を発行します。
 東京都シルバーパス事業は、70歳以上の都民の皆様の積極的な社会参加を支援するために、東京都の支援のもと、一般社団法人東京バス協会が実施している事業です。

 パスは、発行窓口で必要書類の確認ができましたら、その場ですぐに発行します。(申込に関する詳細は、下記の「利用者負担」及び「申込方法」をご覧ください。)

■対 象 者:東京都に住民登録されている満70歳以上の方
※ 満70歳になる月の初日から申し込めます。
※ 1日生まれの方は、前月の1日から申し込めます。

■パスの申込み日について
 月の初日が発行窓口の休日に当たる場合は、前月の最終窓口開設日から申し込めます。窓口によって最終開設日が異なりますので、「シルバーパス発行窓口一覧」の各窓口にご確認ください。

■平成28年4月からの新規パスについて
 有効期間:平成28年4月1日から平成28年9月30日まで
※ パスの有効期限は発行日にかかわらず平成28年9月30日までです。

※ 4月1日から有効の新規パスは、4月1日以降にお申し込みください。

利用者負担

(1)区市町村民税が課税の方((3)の方を除く)  10,255円
(2)区市町村民税が非課税の方  1,000円
(3)平成28年度経過措置の対象の方  1,000円
[(2)・(3)の方は、発行日にかかわらず一律1,000円です。]

平成28年度経過措置の実施

 平成28年度経過措置を実施しています。平成28年度中にシルバーパスを取得される方で、平成28年度の区市町村民税が課税であって、次のいずれかに該当する場合に、費用負担額1,000円でパスを発行します。

  • 平成27年の合計所得金額が125万円以下の方
  • 平成27年度経過措置を受けた方のうち、平成17年度の区市町村民税が非課税であったことにより、費用負担額1,000円で継続してパスの発行を受けている方

申込方法

 最寄りのシルバーパス発行窓口で、備え付けの「東京都シルバーパス申込書」に必要事項(住所・氏名・電話番号・生年月日等)をご記入の上、次の対象区分に応じた必要書類を添えてお申し込みください。(必要書類は確認のためにご提示いただき、確認後、お返しします。)

[区市町村民税が課税の方(経過措置対象者を除く)]

(1)本人確認書類
  「健康保険証」、「運転免許証」などの住所、氏名、生年月日が確認できる書類

[区市町村民税が非課税の方]

(1)本人確認書類
  「健康保険証」、「運転免許証」などの住所、氏名、生年月日が確認できる書類
(2)所得確認書類(下記のいずれか1つ
 ・ ア 「介護保険料納入(決定)通知書」
 ・ イ 「住民税非課税証明書」
 ・ ウ 「生活保護受給証明書(生活扶助の記載があるもの。)」

[平成28年度経過措置の対象の方]

(1)本人確認書類
  「健康保険証」、「運転免許証」などの住所、氏名、生年月日が確認できる書類
(2)所得確認書類(下記のいずれか1つ
 ・ エ 「介護保険料納入(決定)通知書」
 ・ オ 「住民税課税証明書」

 注1) 「ア」、「エ」は下記の段階が記載されたものが使用できます。

 
  平成28年度
住民税が非課税の方 1~5(品川区、目黒区、世田谷区、武蔵野市は6まで)
経過措置の方 6(品川区、目黒区、世田谷区、武蔵野市、福生市、あきる野市は7、八丈町は9まで。また合計所得記載欄に125万円以下の記載があるものも利用可能。)

また、7段階(品川区・世田谷区は8段階)の方でも合計所得金額が125万円以下の可能性がある区市町村がございます。合計所得金額欄において125万円以下であることを確認するか、合計所得金額に記載がない下記の区市町村については、住民税課税証明書(原則有料)で御確認下さい。
(文京区、品川区、足立区、江戸川区、三鷹市、稲城市、西東京市、瑞穂町、檜原村、島しょ(八丈町を除く))

 注2) 「ア」、「エ」は、介護保険料の納入に当たって、毎年6月から7月頃に区市町村から皆様に送付された書類です。「仮決定通知書」は使用できません。また、再発行はできませんので、紛失されたなどお手元にない場合は、「イ」、「ウ」、「オ」のいずれかをご用意ください。 注3) 「イ」、「オ」は、1月1日住所地の区市町村の証明書発行窓口で発行しています(原則有料)。申請には、本人確認書類、手数料、印鑑などが必要です。また、代理人が申請する場合は、委任状が必要です。税証明申請の詳細は、お住まいの区市町村窓口にご確認ください。
 注4) 「ウ」は、「生活扶助」を表す記載があるもののみ使用できます。本人確認書類として兼用できます。
 注5) 「ア」、「エ」の所得段階区分の設定は、区市町村によって異なります。対象となる段階が区市町村によって異なりますが、いずれの場合も「合計所得金額が125万円以下(又は未満)」であることを示しており、居住地による差異はありません。

お問い合わせ

 かけ間違いのないよう番号をよくお確かめの上、お問い合わせください。

  一般社団法人 東京バス協会 シルバーパス専用電話
  電話 03-5308-6950

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 高齢社会対策部 在宅支援課 振興担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る