このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

ロボット介護機器・福祉用具活用支援モデル事業

 東京都では、介護の身体的負担の軽減や介護の質の向上、高齢者の自立支援を図ることを目的として、ロボット介護機器・福祉用具の適切な使用方法や効果的な導入方法を検証・普及する取組を行っています。

事業概要

平成29年度における取組

ロボット介護機器の導入補助や、ロボット介護機器を導入した事業所をフォローする事業を行います。詳しくは下記のリンクからご確認ください。

ロボット介護機器 導入・活用支援事業(セットアップ事業)の募集について

ロボット介護機器 活用支援事業(フォローアップ事業)の募集について

平成28年度における取組

(1) 専門的知見を有するアドバイザーによる、モデル施設に対するコンサルティング及び効果検証
(2) モデル施設におけるロボット介護機器等の導入に対する補助
※モデル施設の選定はすでに終了しています。

アドバイザー業務委託会社

○ 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所

モデル施設(平成28年度~29年度)

○ 社会福祉法人友愛十字会 特別養護老人ホーム砧ホーム(世田谷区)
○ 医療法人社団幹人会 介護老人保健施設ユニット菜の花(瑞穂町)

実施要綱

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 高齢社会対策部 計画課 計画調整担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。