このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

平成30年度 健康づくり調理師研修会(2日制)のご案内

野菜の美味しさ再発見~新顔野菜や子どもが苦手な野菜を美味しく食べる~(仮)

都民の健康的な食生活を支える担い手である飲食店や給食施設等で調理に従事されている方等を対象に、下記の研修会(2日制)を開催します。
今年度は「野菜」をテーマに、近頃お店で見かけるようになった目新しい野菜や子どもが苦手そうな野菜を使った料理の調理実演と講義で野菜の魅力をお伝えいたします。
ぜひ、御参加ください。

1 日時

平成30年9月6日(木曜日)及び9月11日(火曜日)
いずれも午後2時30分から午後4時30分まで

2 場所

1日目 南多摩保健所 研修・実習室
2日目 多摩市消費生活センター 調理室(ベルブ永山 4階)

3 内容

1日目 講義
「食中毒予防等食品衛生に関する話」
講師 保健所食品衛生監視員
「健康と食生活に関する話」
講師 保健所管理栄養士
2日目 講義と調理実演
「野菜の美味しさ再発見~新顔野菜や子どもが苦手な野菜を美味しく食べる~(仮)」
講師 野菜ソムリエプロ 香月りさ 氏

4 対象者

飲食店や給食施設で調理業務に従事する調理師・調理員等(定員50名)
参加申込人数によっては抽選させていただく場合があります。
なお、申込者全員が参加可能な場合は特に御連絡いたしません。

5 受講料

500円(参加初日にお持ちください。なお、1日のみの参加でも500円となります。)

6 申込方法

平成30年8月30日(木曜日)までに下記の参加申込書(案内チラシ裏面)をファクシミリで送付、又はお電話(042-371-7661)でお申込みください。

詳細は下記の案内チラシを御覧ください。

平成29年度は終了しました。下記は平成29年度の開催内容です。

「高齢者にやさしい食事の提供」をテーマに、飲食店や給食施設の調理従事者、訪問介護施設で調理業務に携わるヘルパーなどを対象に調理師研修会を2日制で開催しました。
1日目は、保健所の食品衛生監視員が最新の食品衛生情報(食中毒の予防と食品のアレルギーについて)、管理栄養士が高齢者の健康と栄養について、それぞれ講義を行いました。
2日目は、日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック管理栄養士の尾関麻衣子先生を講師にお招きし、「いつもの料理にちょっと工夫!~食べる人に合わせた食形態について学ぼう~」と題して、講義と調理実習を行いました。講義では、嚥下をしやすくするためのとろみ剤の性能比較、摂食嚥下の仕組みや誤嚥性肺炎の予防、高齢者でも食べやすい食事の工夫について教えていただきました。実習では、魚・野菜・肉料理にとろみ剤やゲル化剤を加えて食べやすくした「きざみ食とペースト食」の調理方法を学びました。


講義の様子


調理実習の料理見本

このページでは、PDFによる情報提供を行っております。PDFファイルによる入手が困難な場合は、下記担当へお問い合わせください

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩保健所 生活環境安全課 保健栄養担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

飲食店の従業員の方へ

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。