このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

食育シンポジウム

食育シンポジウムは、生涯を通じた食育の取組の推進を目指して、地域の関係機関の研修の場として平成14年度から毎年開催しています。このシンポジウムは基調講演、食育の取組事例の報告、参加者との討議などにより、参加者と一緒に保育所・学校及び地域における食育の推進について考える有意義な機会となっています。

平成29年度食育シンポジウムを開催しました

平成30年2月28日(水曜日)に「食品ロスを 今 考える~様々な取組事例と私たちにできること~」をテーマとして食育シンポジウムを開催し、食育関係者107名の参加がありました。
第1部の基調講演では、国が定めた第3次食育推進基本計画に「食品ロス削減のために何らかの行動をしている国民を増やす」という目標が設定されたことを受け、株式会社office 3.11代表取締役 井出留美先生を講師に迎え、「食品ロスはなぜ生まれるのか~その現状と取り組み事例~」をテーマにご講演をいただきました。食品ロスの実態、国内外の様々な自治体の取り組み、具体的な給食施設での取組事例、また「給食施設のロス削減10か条」など、クイズ形式を交えてお話しいただきました。
第2部のシンポジウムでは、特別養護老人ホーム、保育園、フードバンクという様々な立場から多様な食品ロス削減に対する考え方や取組が紹介されました。参加者からは、「指導する時のヒントがたくさん見つかった。」「このような取り組みを広げていきたい。」という意見があり、報告者の前向きな取組が参加者の心を動かし、「食品ロス削減のために何らかの行動をしよう」という最初の一歩を踏み出すきっかけになったシンポジウムになりました。

平成30年度の開催については、予定が決まり次第こちらのホームページに掲載いたします。

平成29年度の開催概要について、参考までに以下に掲載しています。

1 日時

平成30年2月28日(水曜日)午後2時から午後4時30分まで

2 会場

八王子市クリエイトホール(八王子市東町5番6号)

3 対象

南多摩保健医療圏域内(八王子市、町田市、日野市、多摩市、稲城市)の食育関係者
(特定給食施設従事職員、行政関係者、関係機関、地域活動栄養士等)

4 内容

テーマ:食品ロスを 今 考える ~様々な取組事例と私たちにできること~
(1) 第一部:基調講演「食品ロスはなぜ生まれるのか」
講師 株式会社office 3.11代表取締役 井出留美氏
(2) 第二部:シンポジウム
ア 特別養護老人ホームでの食品ロス削減への取組
(社会福祉法人福音会 特別養護老人ホーム福音の家 管理栄養士 鈴木恵氏)
イ 保育園での食品ロス削減への取組
(社会福祉法人菊清会 甲ノ原保育園 栄養士 木俣友美恵氏)
ウ フードバンクの取組
(NPO法人シェア・マインド 代表理事 松本靖子氏)

5 申込方法 

別紙「申込書」(案内チラシ裏面)によりファクシミリにて平成30年2月19日(月曜日)までにお申し込みください。ファクシミリがない施設においては、電話にて受付けます。

6 その他

会場までは電車、バスを御利用ください。お車での来場は御遠慮願います。
詳細は案内チラシをご覧ください。

このページでは、PDFによる情報提供を行っております。PDFファイルによる入手が困難な場合は、下記担当へお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩保健所 生活環境安全課 保健栄養担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

食育の取組

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。