このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都南多摩保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都南多摩保健所 の中の 業務内容から探す の中の 感染症に関すること の中の デング熱について のページです。

本文ここから

デング熱について

デング熱の国内感染が報告されました

 デング熱は、デングウイルスに感染した蚊(ヒトスジシマカ、ネッタイシマカ)に刺されることによってうつる感染症です。
 熱帯・亜熱帯地域で多く、海外旅行先で蚊に刺され、日本で発症することが多かったのですが、今回海外渡航歴のない人の感染が報告されました。

どんな症状があるのでしょうか

 デングウイルスに感染した蚊に刺され、3~7日たった後、発熱、発疹、頭痛、関節痛、吐き気、おう吐などの症状がおこり、通常は1週間程度で回復します。
 

蚊に刺された後、症状が出たらどうすればよいのでしょうか

 かかりつけ医にご相談ください。
 デング熱は特効薬がなく対症療法となります。症状によっては入院や専門医療機関への紹介になります。
 また、患者さんが蚊にさされるとその蚊を通して周囲の方に感染が拡がる可能性があります。蚊に刺されないよう十分注意してください。

デング熱に関する相談先

南多摩保健所

電話 042-371-7661
FAX 042-375-6697
平日 午前8時半から午後5時45分まで

都立代々木公園の利用等に関すること

東京都 建設局 公園緑地部 公園課
電話 03-5320-5436

デング熱と蚊に関する対策についてもっと知りたい方へ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都感染症情報センター

デング熱の詳細はこちらをご覧ください

蚊に関する対策についてはこちらをご覧ください

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩保健所 保健対策課 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る