このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

HIV検査を実施します(南多摩保健所)

 平成29年に東京都内で新たに報告があったHIV感染者・AIDS患者は464件で、前年度と比較すると横ばいです。HIV感染者は20から30歳代、AIDS患者は30から40歳代に多く報告されています。感染経路は性的接触によるものが多くなっています。
 エイズは、早期に治療を始めればコントロール可能な病気である一方、発症するまでに自覚症状がないことから感染に気づきにくい病気です。HIV検査を受け、早期に発見することが大変重要です。
 また、HIV/AIDSと重複感染の多い「梅毒」の報告が増加しており、平成29年の患者報告数は1,788件で、感染症に基づく調査が始まって以来最高となっています。平成26年以降、男女ともに異性間性的接触による患者報告が急増しています。
 保健所では、HIV検査の他に梅毒・クラミジア・淋菌の検査も同時に検査できます。
ぜひこの機会に、あなたとあなたの大切な人を守るために、検査を受けてみませんか?

〈検査について〉

場 所 南多摩保健所 1階
検査日 平成30年6月13日(水曜日) 午後2時から午後3時
結果説明日 平成30年6月20日(水曜日) 午後2時から午後3時
人数 先着30名(予約不要) ※プライバシーは守られます。
料金 無料
検査内容

HIV(エイズ)検査
HIV検査の他に梅毒・クラミジア・淋菌も同時に検査可能です。
HIV・梅毒は血液検査、クラミジア・淋菌は尿検査です。

注意事項

感染の機会から60日以上経過してから検査を受けてください。
結果説明は直接、ご本人が控え書を持参して来所してください。
診断書・証明書等の発行はしません。

問合せ:南多摩保健所保健対策課感染症対策担当                     電話 042-371-7661

<その他の検査・相談機関>
東京都HIV検査情報WEB
HIV検査相談マップ

このページでは、PDFによる情報提供を行っております。PDFファイルによる入手が困難な場合は、下記担当へお問い合わせ下さい。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩保健所 保健対策課 感染症対策担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

エイズ関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。