このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

インフルエンザ関連情報

 通常、単にインフルエンザというときには、冬季に流行する季節性のインフルエンザを指します。
 急な発熱を特徴とする呼吸器感染症で、インフルエンザウイルスを原因ウイルスとし、典型的な例としては、1~5日(平均3日)の潜伏期の後に、突然38℃以上の高熱が出現し、頭痛・関節痛・筋肉痛・全身倦怠感などの全身症状に加えて、咽頭痛・咳・鼻汁などの風邪様症状が出現します。ほとんどの場合、約1週間で軽快しますが、重症化すると肺炎、脳炎・脳症などを起こすこともあります。通常の風邪に比べて、高熱などの全身症状が急に出現することが特徴です。

インフルエンザに関するもっと詳しい情報へ(東京都感染症情報センター)

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩保健所 保健対策課 感染症対策担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

インフルエンザ・新型インフルエンザ

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。