このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都南多摩保健所 の中の 業務内容から探す の中の 食品の衛生に関すること の中の ハチミツによる乳児ボツリヌス症から赤ちゃんを守りましょう(令和元年6月6日) のページです。

本文ここから

ハチミツによる乳児ボツリヌス症から赤ちゃんを守りましょう(令和元年6月6日)

「乳児ボツリヌス症」とは

ハチとボツリヌス菌のイラスト

ハチミツにはボツリヌス菌(芽胞)が含まれていることがあります。
1歳以上の子供や大人は問題なく食べられますが、腸内環境の未熟な1歳未満の乳児は、ボツリヌス菌により「乳児ボツリヌス症」を発症することがあります。
ボツリヌス菌(芽胞)は熱に強いため、ハチミツを使っているパンや焼菓子など、加熱された食品にも注意が必要です。

ハチミツやハチミツを含む食品は、1歳を過ぎてから。


リーフレット(表面・裏面)

南多摩保健所では、ハチミツやハチミツを含む食品による乳児ボツリヌス症について、幅広く注意を呼びかけるためのリーフレットを作成しました。

  • お父さんやお母さん、赤ちゃんのお世話をする方
  • 保育園など離乳食を調理する給食施設の方
  • 食品事業者の方

皆さんで「1歳未満の乳児にはハチミツやハチミツを含む食品を与えない」ことを再確認し、赤ちゃんを乳児ボツリヌス症から守りましょう。

リーフレットは下記からダウンロードできます。

このページでは、PDFによる情報提供を行っております。PDFファイルによる入手が困難な場合は、下記担当へお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩保健所 生活環境安全課 食品衛生担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。