このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都南多摩保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都南多摩保健所 の中の お知らせ の中の 10月は乳がん月間です のページです。

本文ここから

10月は乳がん月間です

乳がんは、乳腺にできるがんです。日本人女性の11人に1人が乳がんにかかると言われています。(出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」)
乳がんになる人は、30歳代から増え、50歳代までの働き盛りの世代に多く、この年代の女性のがん死亡原因のトップとなっています。乳がんは早期に発見し、治療すれば多くが治る病気です。40歳になったら、2年に1回の検診を定期的に受けましょう。

パンダのイラスト 「早期発見が大切!」

乳がん検診とは?

「乳がんになるとしこりができる」と思われていますが、小さながんはしこりとして触れません。早期の乳がん発見にはマンモグラフィによる検診が必要です。

国が奨める検診の内容

問診及びマンモグラフィ

対象年齢

40歳以上、2年に1回
※お住まいの地域によって、がん検診の対象年齢や実施時期などが異なります。詳しくは、お住いの区市町村のがん検診担当部署へお問い合わせください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。区市町村のがん検診担当部署

若いあなたも油断しないで

20代でも乳がんにかかることはあります。乳がんは、身体の表面に近い部分に発生するので、自分でも発見できる可能性があります。月1回の自己触診を習慣にしましょう。

※気になる症状やしこりがある場合には、乳腺外来のある医療機関を受診しましょう。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都医療機関案内サービス ひまわり

ピンクリボン運動とは?

ピンクリボンマーク

ピンクリボン運動は、80年代にアメリカで、乳がんで亡くなられた患者さんの家族が、「このような悲劇が繰り返されないように」と願いをこめて作ったリボンから始まった運動です。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都のピンクリボン運動「ピンクリボン in 東京 2017」

リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。受けよう!がん検診(東京健康ステーション)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都がん検診センター

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター がん情報サービス

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩保健所 企画調整課 企画調整担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る