このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

旅館業

旅館業法について

法の目的

旅館業の業務の適正な運営を確保すること等により、旅館業の健全な発達を図るとともに、旅館業の分野における利用者の需要の高度化及び多様化に対応したサービスの提供を促進し、もって公衆衛生及び国民生活の向上に寄与することを目的としています。

旅館業とは

旅館業法において、次のように定められています。
「旅館業」とは、施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業をいいます。
なお、「宿泊」とは、寝具を使用して施設を利用することです。

旅館業の種類

旅館・ホテル営業

宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業で、簡易宿所営業及び下宿営業以外の施設をいいます。

簡易宿所営業

客室を多数人で共用する宿泊施設です。
いわゆるカプセルホテルや山小屋など1つの客室を多数人で共用する場合、これにあたります。

下宿営業

一月以上の期間を単位とする宿泊料を受ける宿泊施設です。

関係法令等

旅館業法改正に伴う関係法令等について、下記に厚生労働省のホームページを御案内いたします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。旅館業法の改正について

このページは現在更新中です。詳細につきましては、下記担当までお問い合わせをお願いします。

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩保健所 生活環境安全課 環境衛生担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。