このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都南多摩保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都南多摩保健所 の中の 各種申請手続き・届出様式 の中の 診療所等の開設 のページです。

本文ここから

診療所等の開設

東京都南多摩保健所は、日野市、多摩市、稲城市に所在する診療所・歯科診療所・施術所(あはき・柔道整復)・歯科技工所等の開設手続きを受け付けています。

申請・相談受付は、企画調整課 保健医療担当です。
上記以外の地域は、その地域を所管する保健所へお問い合わせください。

診療所・歯科診療所を開設される方

診療所の管理者について

平成16年4月以降の医師免許取得者及び平成18年4月以降の歯科医師免許取得者は、大学病院又は臨床研修病院で臨床研修を修了した後、臨床研修修了登録証交付申請書により厚生労働省地方厚生局に速やかに申請してください。(病院から臨床研修修了証が交付されても、医籍(歯科医籍)には臨床研修が修了した旨は登録されません。)
※臨床研修修了の登録を受けた者でなければ、診療所の管理者になることはできません。(医療法第10条、第7条)

医師・歯科医師による開設

開設した日から10日以内に、医療法第8条に基づく診療所開設届を提出してください。
計画の段階で、構造設備等についてご相談をお受けしています。

医療法人等による開設

事前に医療法第7条第1項に基づく診療所開設許可が必要です。許可取得後、実際に開設した日から10日以内に診療所開設届を提出してください。
計画の段階で、構造設備等についてご相談をお受けしています。

入院設備のある診療所を開設する場合

診療所の入院設備(病床)の設置・変更については、都知事の許可等を受けなければなりません。計画の段階で必ずご相談ください。
入院設備の工事完了後、医療法第27条に基づく診療所使用許可申請書を提出して、保健所の検査・許可を受けた後、入院設備が使用できるようになります。

診療用エックス線装置を備える場合

診療用エックス線装置を備える施設は、備え付けた日(診療の用に供した日)から10日以内に診療用エックス線装置備付届をご提出ください。

各種指定医療機関申請

種類 申請先 電話番号
保険医療機関
※各月ごとに締め切りがあります。
関東信越厚生局東京事務所
新宿区西新宿6-22-1
新宿スクエアタワー11階
03-6692-5119(代表)
被爆者一般疾病医療機関 南多摩保健所
保健対策課
042-371-7661(代表)
感染症指定医療機関(結核) 南多摩保健所
保健対策課
042-371-7661(代表)
生活保護法指定医療機関 所在地を所管する福祉事務所 ---

診療所の管理等について

開設後、診療所を適正に運営管理していくためには、医療法や関係法令を遵守することが必要です。主な留意事項について、別添ファイルをご確認ください。

医療安全課からのお知らせ(東京都福祉保健局医療安全課)

許可(届出)事項の変更について

許可(届出)事項を変更する場合は、変更許可申請(事前)又は変更届出(変更後10日以内)が必要です。計画の段階で、構造設備等についてご相談をお受けしています。

施術所(あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう)を開設される方

開設した日から10日以内に施術所開設届を提出してください。
提出書類、構造設備等については、事前に保健所までご相談ください。

出張施術

施術所を設置せず、出張専門であん摩マッサージ指圧・はり・きゅうの業務を行う方は、業務開始後10日以内に出張施術業務開始届を提出してください。

施術所(柔道整復)を開設される方

開設した日から10日以内に施術所開設届を提出してください。
提出書類、構造設備等については、事前に保健所までご相談ください。

歯科技工所を開設される方

開設した日から10日以内に歯科技工所開設届を提出してください。
提出書類、構造設備等については、事前に保健所までご相談ください。

このページではPDFによる情報提供を行っております。PDFファイルによる入手が困難な場合は、下記担当へお問合せください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩保健所 企画調整課 保健医療担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る