このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

実習報告(3年生)

私たち3年生は2年次から続いて領域別実習へ行っています。領域別実習では成人・老年・小児・母性・精神・在宅の分野に分かれて、それぞれの対象に合わせた看護や特徴を学び、看護を実践をしています。学生の実習へ行った学びを紹介します。


【母性看護学実習】
母性看護学実習では、妊婦、産婦、褥婦、新生児に対する看護を学びました。
外来では妊婦さんの健診で、実際にお腹を触らせて頂いたり、お話をする機会もありました。出産に向けての体と心の変化を学ぶことができました。
分娩に立ち会わせて頂き、産婦さんが陣痛に耐えている中、何をすれば良いか分からず不甲斐なさを感じましたが、赤ちゃんが生まれる瞬間はとても感動しました。出産後は褥婦さんが、順調に回復し育児ができるように体と心のケアを行いました。
新生児の看護では生まれてすぐの赤ちゃんの体の変化を見たり、沐浴をおこなったりしました。新生児に触れる時には、とても緊張しましたが、それと同時に愛しさを感じました。
母性看護実習は健康な人に対する看護を考えることに難しさを感じましたが、お母さんと赤ちゃんがより良い生活を送るための看護を学ぶことができました。

「実習前の実技練習」

写真_実習
胎児の位置の確認


胎児心拍数の確認

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩看護専門学校 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。