このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立南多摩看護専門学校

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立南多摩看護専門学校 の中の 本校の教育 の中の 教育方針と特色 のページです。

本文ここから

教育方針と特色

特色

 本校は、平成7年4月に開校した、都立で最も新しい、看護学科(3年課程)の専門学校です。
経験豊かな専任教員に加え、大学や実習病院から専門分野の講師陣を迎えて、 高度な内容の授業を行っています。
 また、地域の実績ある病院で、熱心な指導者のものとに充実した臨地実習を受けることができます。
 学校施設は充実しており、多摩ニュータウンの緑と調和した校舎には、バルコニー付きの教室や広いラウンジを設けています。
 看護の様々な場面に応じた学習ができるように工夫された4ヶ所の実習室や、AVコーナーもある図書室、グループワークに適した演習室、一人1台のパソコンを備えたOA室など、最新の看護を学ぶにふさわしい設備がそろっています。

教育理念

 都立看護専門学校が果たす役割は、都内の医療・福祉施設等で必要とする質の高い看護職者を育成しその需要を満たすことにある。本校は、主に多摩地域の看護職者の充足に貢献することを期待されている。 
 本校の教育理念は、都民の健康の担い手として、都内にある保健・医療・福祉施設や地域において活躍できる、質の高い看護師を養成することである。そのためには、生命の尊厳を基盤とした豊かな人間性を養い、看護に関する専門的知識及び技術を教授し、あらゆる健康レベルに応じて、社会の幅広い領域で個人・集団・コミュニティに対して、高い倫理観に基づき看護が実践できる看護職者を育成することである。
 カリキュラムの基本概念は、看護の概念である「人間」「健康」「環境」「看護」に加えて、看護実践に不可欠な「倫理」、学生の主体的学習を期待して「学習」の6つとする。

教育目的

 看護師として必要な知識及び技術を教授し、社会に貢献しうる有能な人材を育成する。

教育方針

 本校の教育方針は、実習施設をはじめとする地域の保健・医療・福祉施設等との連携を図り、地域に根ざした学校をめざす。学生には看護の喜びが体験できる場を提供し、主体的学習・協調性と創造性を高めるように支援する。そして、的確な判断力と実践力を身につけた責任のある行動がとれるよう支援する。

教育目標

1 生命の尊厳と高い倫理観に基づいた豊かな人間性を養う。
2 人間を総合的にとらえ、生活者として理解し、良好な人間関係が築ける能力を養う。
3 人々の健康上の課題を解決するために、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う。
4 保健・福祉・医療における看護職の役割を認識し、チームの一員として他職種と協働できる能力を養う。
5 看護への探求心をもち、専門職業人として学習し続ける能力を養う。

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩看護専門学校 教務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る