このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都西多摩保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都西多摩保健所 の中の 組織案内 の中の 西多摩保健所の沿革と管内の概要 のページです。

本文ここから

西多摩保健所の沿革と管内の概要

沿革
年月 事項
昭和13年4月 東京府西多摩保健所として東京府西多摩郡青梅町青梅270番地に設置する。
昭和14年2月 東京府西多摩郡青梅町勝沼神宮前196に移転する。結核対策と健康相談を主たる業務とする。
昭和23年10月 新保健所法(昭和22年法律第101号)が公布され、公衆衛生のすべてを統合して、新保健所として発足する。
昭和28年5月 五日市保健所が設置されたことに伴い、所管区域を青梅市及び西多摩郡のうち福生町、羽村町、瑞穂町、奥多摩町として、名称を青梅保健所と改称する。
昭和30年8月 東京都青梅市東青梅3丁目20番地の1(旧師岡960番地)へ移転する。
昭和52年10月 管内のうち福生市、羽村市、瑞穂町を所管する福生保健所が設置され、青梅保健所は、青梅市と奥多摩町を所管する。
昭和54年2月 東京都青梅市東青梅5丁目19番地の6へ移転する。
昭和62年6月 保健所組織改正により、総務課と衛生課が統合され、衛生課となる。
平成5年4月 保健所組織改正により、「衛生課」を「生活衛生課」に、「予防課」を「保健サービス課」に変更する。
平成9年4月 地域保健法の施行により青梅保健所及び福生保健所を再編整備のうえ多摩川保健所として発足する。組織は地域保健推進室、生活衛生課、保健サービス課の1室2課体制となる。
平成16年4月 多摩川保健所及び秋川保健所を再編整備のうえ西多摩保健所として発足する。組織は企画調整課、生活環境安全課、保健対策課の3課体制となる。また、旧秋川保健所管内に、申請・届出、相談等の窓口として秋川地域センターを設置。
管内の概要
事項 内容
所管区域 青梅市、福生市、羽村市、あきる野市、瑞穂町、日の出町、檜原村、奥多摩町
地勢 東部地域は河川流域に広がる台地で平地がひらけ都市化が進みベッドタウンとしての機能を強め、近年は大規模企業や商業施設の進出などもみられ生産機能の集積や周辺の都市化が進んでいる。一方、西部地域は東京の水源地でもあり、大半を秩父多摩甲斐国立公園に含まれる緑豊かな自然環境を残した山地で複数の温泉施設も点在するなど、都民をはじめ都外からの観光客も訪れる有数の観光地となっている。また、この圏域内に多摩川、秋川の二つの河川が西から東へ流れ、それぞれ流域を形成している.総面積は572.71平方キロメートルで東京都全体の約27%を占める広大な地域である。新宿副都心からの距離は、瑞穂町で約30キロメートル、奥多摩町で約60キロメートルとなっている。なお、東は武蔵村山市、昭島市、立川市(北多摩西部保健医療圏)、南は八王子市(南多摩保健医療圏)、西は山梨県、北は埼玉県に接している。
人口等 当圏域の人口は、平成22年の国勢調査によると395,785人であり、これは東京都の総人口の3%である。市町村別にみると青梅市が最も多く、当圏域全体の約35.2%を占めている。奥多摩町、檜原村はともに1万人以下である。平成17年の国勢調査と比較すると、当圏域内の人口は3,047人の減、減少率は-0.76%であり、奥多摩町で696人(10.3%)、檜原村で372人(12.7%)減少し、さらに過疎化が進んでいる。
交通 鉄道は、立川駅を起点とするJR青梅線が多摩川沿いに奥多摩駅まで、拝島駅を起点とするJR五日市線が秋川沿いに武蔵五日市駅まで、それぞれ圏域内をおおむね東西方向に横断している。またJR八高線が南北方向に走っており、当圏域の玄関口となっている拝島駅から新宿方面に西武線が発着している。最近は、都心への特別快速電車の運行も増し改善されてはきているものの、青梅線の東青梅駅以西と五日市線、八高線は「単線」であり、奥多摩町やあきる野市などから新宿副都心まで2時間以上要する現状である。道路は、東西方向に都道の青梅街道及び五日市街道が、南北方向に東から国道16号線、都道の滝山街道、同秋川街道、奥多摩町と檜原村を結ぶ奥多摩周遊道路、さらに平成19年には青梅市とあきる野市を南北方向に走る首都圏中央連絡自動車道路が中央道とつながり、この圏域内の基幹的な道路網を形成している。

お問い合わせ

このページの担当は 西多摩保健所 企画調整課 企画調整担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

組織案内

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る