このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都西多摩保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都西多摩保健所 の中の 感染症に関すること の中の 結核に関すること のページです。

本文ここから

結核に関すること

 保健所では、結核と診断された方が確実に治療を終了できるように、服薬の支援・療養相談・服薬終了後の検診を行っています。また、医療費助成の申請窓口・診査も行っています。
 必要に応じて、ご家族や周囲の方々の健診も行っています。

療養支援、服薬の支援、服薬終了後の検診

 まず結核と診断した医師から保健所に「結核発生届」が提出されます。
 これをもとに、ご本人・周囲の方への支援を開始いたします。

 保健師が病院やご自宅に訪問し、病状の経過などを伺い、今後の療養生活に関する相談や助言、服薬の支援、服薬終了後の検診を行います。

結核の医療費助成制度について

 結核の医療費助成の申請を受け付けています。
 専門の医師が公費負担の診査をするとともに、治療方針の検討を行います。
 申請の詳細については結核医療費助成についてをご覧ください。

ご家族や接触があった方の健診・相談

 結核と診断された方のご家族や周囲の方々に対して、健診や相談を行っております。

結核に関するご質問

 住民の方々の結核に関するご相談やご質問は、随時、電話などで保健師や医師が行っております。
 結核についての詳しい説明は結核予防会結核研究所のホームページに詳しく説明がありますのでそちらをご覧ください。

結核に関する届出について(医療機関向け)

 医師や医療機関の管理者には、以下のとおり結核に関する届出の義務があります。

 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(以下「感染症法」という。)第12条第1項により、結核患者であると診断した医師は、直ちに最寄りの保健所への届出が必要です。

 感染症法第53条の11により、結核患者が入院したとき又は入院している結核患者が退院したときは、病院の管理者は7日以内に最寄りの保健所への届出が必要です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 西多摩保健所 保健対策課 感染症対策担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る