このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都西多摩保健所 の中の 感染症に関すること の中の 海外旅行時の感染症予防に関すること のページです。

本文ここから

海外旅行時の感染症予防に関すること

これから海外旅行をされる方へ

海外には日本国内にはない病気がたくさんあります。海外での感染の可能性が高いものとして、食物や水からの感染があります。また、動物や蚊を媒介するものや、土壌から感染するものなどがありますので、出発前に、渡航先や滞在中の計画に応じて準備をすることをお勧めします。また、滞在中の予防対策、帰国後の健康管理についても考えておく必要があります。

渡航前の準備

渡航先によって衛生状態や流行する感染症が違いますので、事前に現地の情報を収集しましょう。感染のリスクがある場合には、ワクチン接種を受けましょう。黄熱のワクチンは、主にアフリカ地域と中南米地域の入国にあたって接種証明書の提示が求められる場合がありますので、事前に確認が必要です。予防接種は抗体ができるまで時間がかかったり、複数回接種が必要なものもありますので、時間に余裕をもって計画的に接種できるようにしましょう。中には予防接種のない感染症もありますので、「自分は大丈夫」と過信せず、状況に応じた防御をしましょう。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。海外渡航のためのワクチン(厚生労働省検疫所)

滞在中気を付けること

渡航先によっては衛生状態が日本と異なり、また環境も違いますので、以下のことに十分気を付けるようにしてください。
○生水や生ものは避ける
○犬や猫、野生動物にむやみに近づかない
○長袖、長ズボンを着用し皮膚の露出を少なくする
○虫除け剤を使用する
○性行為時はコンドームを使用する
○麻薬に手を出さない

帰国後の健康管理

帰国時に発熱や下痢など体調不良があった場合は、空港や港に設置されている検疫所に相談してください。
感染症には潜伏期があります。滞在中や帰国時に症状がなくても、しばらくしてから症状が出ることがありますので、早めに医療機関を受診し、渡航歴などを医師に伝えてください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。旅行者のための海外感染症情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「海外旅行者・帰国者のための感染症予防ガイド」について

詳しくは、上記のホームページを参照してください。

お問い合わせ

このページの担当は 西多摩保健所 保健対策課 感染症対策担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。