このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都西多摩保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都西多摩保健所 の中の 食品衛生に関すること の中の 「豚肉」及び「豚レバー」の生食禁止! のページです。

本文ここから

「豚肉」及び「豚レバー」の生食禁止!

 
ユッケによる腸管出血性大腸菌を原因とする食中毒事件が発生したことから、生食用の牛肉および牛レバーについて規格基準が定められました。ところが、牛の生レバーが規制されたことにより、豚の生レバーを提供する店が増加しました。

豚の生レバーは、サルモネラ属菌、カンピロバクター、E型肝炎等による食中毒のリスクがあり、豚肉による有鉤条虫、旋毛虫等の寄生虫感染も報告されています。
過去にも豚の生レバーが原因と考えられる食中毒が発生していますが、特にE型肝炎は劇症化し死にいたることもあり、妊婦ではその危険性が高いことが知られています。

このため、豚の食肉についても規格基準が定められ、平成27年6月12日から豚の食肉(内臓を含む)の生食用としての販売が法律で禁止になりました。違反した場合は行政処分や刑事罰を受けることになります。

飲食店などでは、生食用としては提供せず、しっかりと加熱を行う必要があります。客が加熱する場合は店側が客に、中心部までよく加熱するよう伝えなければいけません。
(特に、お子さんやお年寄りなど抵抗力の弱い方はご注意ください。)

なお、牛、豚だけでなく鶏やイノシシ・シカの肉及び内臓を生で食べることでも食中毒が発生しています。肉はしっかり加熱してから食べてください。

トングを使用した焼肉

関連ページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。福祉保健局食品監視課ホームページ「食品衛生の窓」 ちょっと待って!お肉の生食

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。福祉保健局食品監視課ホームページ「食品衛生の窓」 生食用食肉等の規格基準、施設基準

お問い合わせ

このページの担当は 西多摩保健所 生活環境安全課 食品衛生第一担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る