このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都西多摩保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都西多摩保健所 の中の 食品衛生に関すること の中の 食品衛生担当によくある「食品衛生に関する質問」 のページです。

本文ここから

食品衛生担当によくある「食品衛生に関する質問」

 
(1)飲食店など食品のお店を開きたいのですが・・・
(2)調理師免許をとりたいのですが・・・
(3)調理師免許を申請したいのですが・・・
(4)食品衛生責任者の資格をとりたいのですが・・・
(5)お店の食品衛生責任者を変更したいのですが・・・
(6)お店をやめた(廃業した)のですが、届出は必要でしょうか?
(7)お店の屋号を変更したい。店内を改装したいが、届出は必要でしょうか?
(8)食品を購入したら、異物があったのですが・・・
(9)食中毒にかかったようなのですが・・・

(10)食品の自主回収について知りたいのですが。(こちらをクリックしてください)

usagi

(1)飲食店など食品のお店を開きたいのですが・・・

A.飲食店、食料品販売、食品の製造業などのお店を開くには、保健所の許可が必要です。許可に際しては、設備基準の遵守など種々の制約がありますので、事前に保健所の生活環境安全課食品衛生担当にご相談ください。

★許可に必要な書類
「個人営業で申請する場合」
 (1)営業許可申請書 1通 (窓口にあります。誰が、何処で、どのような資格で営業をするのか申請します)
 (2)営業設備の図面 2通 (厨房設備、製造機器、トイレなどの位置を表す配置図)
 (3)給水関係の書類 1通 (水道水以外の給水を利用する場合には、1年以内の水質検査成績書を提出)
 (4)営業許可申請手数料 (申請する食品関係営業の種類により手数料が異なります。)
 (5)食品衛生責任者の資格を証明するもの(食品衛生責任者手帳、調理師免許証等)
*(1)(2)の様式は、都のホームページ「食品に関する営業許可・届出」よりダウンロードできますのでご利用下さい。

「法人営業で申請する場合」
上記個人営業と同様の書類に加え、法人を証明する登記事項証明書  1通

★申請上の注意事項
許可を要する食品営業には、営業施設・設備に関する基準があります。この基準に合致しなければ、許可を取得することはできません。申請後、実地調査により営業設備の基準に合致するかを保健所が確認し、確認できた店舗のみ許可となります。また、営業施設・設備は、専用施設であることが必要です。従って、家庭の台所との兼用は認められないなどの制約がありますのでご注意ください。
食品関係営業の申請方法、営業設備の基準などの内容については、「食品関係営業許可申請の手引」を保健所の窓口でも配布していますのでご利用ください。

(2)調理師免許をとりたいのですが・・・

A.調理師免許を取得するには、2つの方法があります。

 (1)公益社団法人 調理技術技能センターが年に1回実施する調理師試験に合格することです。受験資格は、中学校卒業以上の方、外国人学校の中等部を終了した方などです。また、職歴は、飲食店、魚介類販売業、そうざい製造業、給食施設に2年以上(外国人学校卒業者は通算7年以上)の調理従事の経験のある方です。これらの資格についての詳細は、調理技術技能センターにお尋ねください。電話:03-3667-1815 (平日 午前9時から午後5時まで)

 (2)調理師養成学校に入学し、調理師養成課程を修了することです。多摩地区にもいくつかの調理師養成施設があります。インターネット等で検索してみてください。

(3)調理師免許を申請したいのですが・・・

(住民票に記載された住所地を管轄する保健所が受付場所になりますので、ご注意下さい。)

A.東京都知事の調理師免許取得の申請に必要な書類は、次の通りです。
1 調理師免許申請書
 申請書は都のホームページ「調理師免許申請手続」よりダウンロードできますのでご利用下さい。

2 持参する書類など
(1)次の(ア)、(イ)のいずれかの書類
 (ア)調理師養成施設を卒業した方は、調理師養成施設の卒業証明書又は卒業証書の写し(原本を持参のこと)及び調理師養成課程の履修証明書を各1通
 (イ)調理師試験に合格した方は、調理師試験合格証明書又は合格通知書(原本を添付すること)1通
(2)健康診断書
 医師が発行した3ヶ月以内の麻薬、大麻、アヘン、覚醒剤の中毒者であるかないかに関することが記載されている診断書 1通 (医療施設名、所在地、医師である旨、医師氏名、医師の個人印の押印があること)
(3)本籍を証明するもの
 6ヶ月以内の戸籍謄本(抄本)又は本籍が記載されている住民票。外国人の方は、6ヶ月以内の外国人登録証明書(調理師養成施設に在学期間中に在日していること、就学の資格があること)
(4)調理師免許申請手数料 5,600円

(4)食品衛生責任者の資格をとりたいのですが・・・

A.食品衛生責任者は、食品関係の営業をする場合に設置義務のある資格です。すでに、調理師や栄養士などの資格を取得している方は、食品衛生責任者と認定されます。新たに食品衛生責任者の資格を取得するためには、知事が指定した養成講習会を受講し、食品衛生関係法令や食品を衛生的に取り扱うために必要な知識を取得していただきます。

★食品衛生責任者の資格取得の方法
一般社団法人東京都食品衛生協会が主催する「食品衛生責任者資格取得養成講習会」を受講すると、食品衛生責任者の資格が取得できます。養成講習会の開催日程予定表、申込書は、「一般社団法人東京都食品衛生協会」のホームページからダウンロードするか、保健所の窓口でお受け取りになれます。
養成講習会は、1日単位で受講費用は1万円です。問い合わせは、一般社団法人東京都食品衛生協会「食品衛生責任者養成講習会」の担当へ。電話:03-3405-0770

(5)お店の食品衛生責任者を変更したいのですが・・・

A.食品衛生責任者は、食品関係営業施設において設置が義務づけられており、保健所の営業許可台帳に登録されています。従って、食品衛生責任者が変更となった時点で、保健所の窓口に「食品衛生責任者の変更届」を提出してください。届出の用紙は、「食品に関する営業許可・届出」よりダウンロードするか、保健所の窓口で取得できます。新たな食品衛生責任者の資格を証明するもの(「食品衛生責任者手帳」「調理師免許証」などの原本)の照合を行いますので、必ずご持参ください。

(6)お店を止めた(廃業した)のですが、届出は必要でしょうか?

A.許可を取得している食品関係営業の店舗についての情報は、保健所の食品関係営業台帳に登録してあります。お店を廃業した場合には、登録を削除するために「廃業届」による届出が必要です。届出用紙は、「食品に関する営業許可・届出」よりダウンロードするか、保健所の窓口で取得できます。廃業する営業許可書を添付して廃業届を提出してください。

(7)お店の屋号を変更したい。店内を改装したいが、届出は必要でしょうか?

A.変更事項の届出には、営業者の住所、氏名、営業所の名称、屋号又は商号に関する変更と営業設備の大要に関するものがあります。いずれも「営業許可申請事項変更届」の提出が必要となります。(届出用紙は「食品に関する営業許可・届出」又は保健所窓口まで)届出の際には、許可書をご持参下さい。(なお、手続きに時間を要し、お待たせする場合がありますのでご了承願います。)
☆法人の住所、代表者氏名に関する変更届の場合には、変更事項を確認できる書類「登記簿謄本」などをお持ちください。個人営業者の住所の変更の場合には、証明書類の提出の必要はありません。
☆客席や厨房内の簡易な変更の場合には、「営業許可申請事項変更届」による届出を受け付けます。しかし、厨房内の改装規模によっては、新たに営業許可を取得しなくてはならない場合があります。営業設備を変更する場合には、事前に保健所食品衛生担当にご相談ください。

(8)食品を購入したら、異物があったのですが・・・

A.購入した食品中に髪の毛などの異物混入を発見した場合には、次のような解決の方法があります。(1)食品表示に記載されているメーカーの「お客様相談室」に調査、改善を依頼する方法 (2)購入したお店に申し出て、メーカーに調査、改善を依頼する方法 (3)保健所に、メーカー、販売所などへの調査、改善を依頼する方法があります。
いずれの場合も、購入時のレシート、異物の現物が重要な手がかりになると共に、どのような状態で異物が入っていたか?などの情報が原因究明のために必要となります。

(9)食中毒にかかったようなのですが・・・

A.通常、おう吐、腹痛、下痢、発熱などの症状が出た場合、食中毒や風邪、その他の感染症が疑われます。食中毒は、食事を介した疾病ですので、喫食状況調査などを行い、同じ食事をした人たちに同様の症状があるかどうか調査します。
食中毒の多くは、比較的軽い症状で済みますが、抵抗力がない幼児や高齢者では、脱水症状の他、気管支内におう吐物が詰まるなど危険な状態を招くことがあるので注意を要します。
食中毒にかかったと思ったら、次のことをお願いします。
 (1)すぐに、医療機関を受診してください。
 (2)おう吐物が残っていれば、ポリ袋などに入れて保管してください。
 (3)食品が残っていれば、冷蔵庫に保管してください。
 (4)買った店のレシート、食品の包装紙、容器なども保管してください。
 (5)最寄りの保健所に相談してください。


この他、食品衛生に関する相談は、次の担当にご相談ください。

食品衛生第一担当  青梅市、福生市、羽村市、瑞穂町、奥多摩町
電話:0428-22-6141
食品衛生第二担当(秋川地域センター内)  あきる野市、日の出町、檜原村
電話:042-596-3113

usagi

なお、食品に関する最新の保健情報については、東京都福祉保健局「食品衛生の窓」をご覧ください

お問い合わせ

このページの担当は 西多摩保健所 生活環境安全課 食品衛生第一担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る