1回だけならクセにならないんですよね?

薬物乱用がなぜ、こんなに大きな社会問題になっているのでしょうか。
薬物は、1度でも使用するとまた使用したくなり、自分の意思ではやめられなくなってしまい、何度でも繰り返して使用したくなる「依存性」と、使用を繰り返していくうちに、それまでの量では物足りなくなる「耐性」という性質を持っています。
1回だけならと思って始めた人も、どんどん使用量や回数が増えていき、自分ではどうにもならない悪循環にはまってしまします。その結果、脳の細胞が破壊され、学習能力の低下、成長への悪影響、精神の変調があらわれます。「1回くらいなら」という気持ちが、あなたの一生を台無しにしてしまいます。

 ご相談はお住まいの都道府県の相談先へ
各都道府県の薬務課・相談機関の連絡先一覧
東京都にお住まいの方は、薬務課(03-5320-4515)まで
あなたの秘密は守ります!!