(家族、知人)の部屋であやしいものを発見しました。これは危険ドラッグ?

危険ドラッグの特徴をいくつか挙げます。
製品パッケージ:手のひらサイズのチャック付きビニール袋で、品名と派手な絵柄が描かれているものが多くみられます。
中身の形状:「乾燥植物(ハーブ系)」、「液体(リキッド系)」、「粉末(パウダー系)」等があります。香料の匂いがすることがあります。
危険ドラッグってなに? 価格:一般的に、4000円から6000円程度で販売されています。「ハーブ系」は、1g2000円程度で小分けされていることもあります。

 ご相談はお住まいの都道府県の相談先へ
各都道府県の薬務課・相談機関の連絡先一覧
東京都にお住まいの方は、薬務課(03-5320-4515)まで
あなたの秘密は守ります!!