ページの先頭です

社会的養護の推進

社会的養護の中の里親制度

都内には、親の病気や離婚、虐待などの様々な事情により、親元で暮らすことのできない子供が約4000人います。こうした子供たちを家庭に変わって公的に育てる仕組みが社会的養護です。
社会的養護は、里親等の「家庭的養護」と児童養護施設等の「施設養護」に分けられます。里親は親元で暮らすことのできない子供を家庭に迎え入れる制度です。
家族的養護の図解
施設養護の図解。

養育家庭認定までの流れ

里親には、認定前の研修の受講や児童福祉審議会での審議、都知事の認定等の手続きを終えて、登録されます。
養育家庭認定までの流れ図解
児童相談所へ問い合わせ。次に申請要件の確認。次に認定前研修。次に申請。次に家庭調査。次に児童福祉審議会里親認定部会で審議。最後に東京都知事が認定・登録。