このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立青梅看護専門学校

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立青梅看護専門学校 の中の 学校紹介 の中の 学校長あいさつ のページです。

本文ここから

学校長あいさつ

こころなごむ緑豊かなステージで、「看護の夢」の実現を応援します!

 当校は、10,000m2という広大な敷地面積を有し、四季折々の花々に囲まれ、遠くには奥多摩の山並みを望むことができる自然豊かな環境で、落ち着いて学習に専念できる学校です。環境の豊かさは、こころをなごまし、3年間で3,000時間ものカリキュラムの履修を手助けしてくれています。240名の仲間がそれぞれの「看護の夢」の実現に向かって、お互い切磋琢磨しながら楽しいスクールライフを送っています。
 当校は昭和55年に開校した歴史ある看護専門学校です。卒業生は3,000名を超え、多摩地域をはじめとする病院や訪問看護ステーションなどで活躍しています。多くの優秀な先輩たちを輩出している理由は、授業はもちろんのこと、専任教員による手厚い個別指導に力を入れていること、実習施設である公立病院での質の高い実習指導をしていただいていること、大学や実習病院から第一線で活躍している講師陣による授業が行われていることなどが挙げられます。

 当校の教育理念、教育目的、教育目標を紹介します。
<教育理念>
 都内、とりわけ多摩地域の保健・医療・福祉施設及び地域において、都民の健康の担い手として活躍できる質の高い看護師を育成することを目的としています。
 生命の尊厳と高い倫理観を基盤とした豊かな人間性を養い、看護の対象である人間に対する深い理解と共感を持つことのできる専門職業人を育成します。科学的根拠に基づいた知識・技術を用い、対象にとって最適な健康状態を目指し支援できる基礎的な看護実践能力を育成します。
 生涯にわたって、自己啓発に努め、看護学及び保健医療福祉の発展に貢献できる能力を培います。

<教育方針>
 看護師として必要な知識及び技術を教授するとともに豊かな人間性を培い、社会に貢献しうる有能な人材を育成します。また、学生の自主性と創造性を尊重し、自ら判断し行動できるよう支援します。

<教育目的>
 看護師として必要な知識及び技術を教授し、社会に貢献しうる有能な人材を育成します。

<教育目標>
1 生命の尊厳と高い倫理観に基づいた豊かな人間性を養う。
2 看護の対象である人間を、総合的に捉えるとともに、生活者として理解できる能力を養う。
3 人々の健康上の課題を解決するために、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う。
4 保健・医療・福祉における、看護職の役割を認識し、チームの一員として他職種と協働できる能力を養う。
5 看護への探究心をもち、専門職業人として学習し続ける能力を養う。

 少子高齢化が進展し、医療・看護のニーズがますます増大、多様化していく中にあり、患者様と最も身近で接する看護師の役割・期待はこれまで以上に大きくなっています。また、健康寿命の延伸に向け、患者様の生活に密着した支援ができるのも看護師です。「看護とは、あらゆる年代の人々に対して、健康的な生活を営み、その人らしく生きることを支援すること」です。看護の仕事の魅力は、何といっても様々な人とのかかわりをとおして、自分自身も一緒に大きく成長できることです。
 皆さんも青梅看護専門学校で、充実したスクールライフを送り、看護師になる「夢」の実現を実現しましょう!看護師を志す皆さんのご入学を心よりお待ちしています。


平成28年7月  校長 安井 静子

お問い合わせ

このページの担当は 青梅看護専門学校 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る