このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立青梅看護専門学校

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立青梅看護専門学校 の中の 学校紹介 の中の 東京都立看護専門学校個人情報保護宣言 のページです。

本文ここから

東京都立看護専門学校個人情報保護宣言

東京都立看護専門学校(以下「都立看学」という。)は、個人の人格尊重の理念の下に個人情報保護の重要性を認識し、学生等が安心して学校生活を送れるよう以下の通り個人情報の保護に取り組むことを宣言します。

なお、個人情報とは都立看学で教育を受けようとする者、教育を受けようとした者、現に教育を受けている者及び教育を受けていた者(以下「学生等」という。)に関する個人の情報であって、その情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述により特定の個人が識別できる場合だけでなく、他の情報と照合することにより特定の個人が識別できてしまうものを含みます。

1 法令を遵守します

都立看学は、個人情報の取扱いについて、東京都個人情報保護条例、同条例施行規則等(以下「条例等」という。)の規定に基づき、個人情報を適切に保護します。

2 利用目的を明確にします

個人情報を収集するときは、個人情報を取り扱う事務の目的を明確にし、目的達成に必要な範囲で収集します。

3 本人から収集します

個人情報を収集するときは、学生等本人から収集します。ただし、本人の同意があるときや生命、身体、財産の安全を守るため緊急かつやむを得ないときなどは、この限りではありません。

4 目的外の利用及び提供は行いません

取得した個人情報は、目的の達成に必要な範囲で利用し、目的を超えた利用、提供は行いません。ただし、本人の同意があるときや、生命、身体又は財産の安全を守るため緊急やむを得ないときなどの場合には目的外の利用や第三者への提供を行うことがあります。

5 適正に管理します

個人情報の保護を図るため、管理体制の整備を図り、個人情報への不正なアクセスや個人情報の漏えい、滅失、き損等に関し必要な対応を行うとともに、その見直しを継続して行うことにより、適正な管理に努めます。

6 開示・訂正・利用停止の請求ができます

学生等は、条例等に基づき、自分の個人情報の開示・訂正及び不適正な取扱いに対する利用停止等の請求をすることができます。ただし、内容によっては、条例等の規定により、請求しても認められないものがあります。
都立看学は、これらの請求に対し速やかに対応するよう努めます。

7 職員の啓発に努めます

個人情報を適切に管理するため、都立看学は、所属の教職員に対して、より一層の啓発その他教育研修により個人情報の保護に関する意識の徹底を図っていきます。

平成20年4月1日 東京都立青梅看護専門学校長

お問い合わせ

このページの担当は 青梅看護専門学校 教務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る