HOME > training/東京都・福祉保健局の研修

福祉保健局の概要バナー

 都民のニーズに的確に応え、優れた行政サービスを提供していくためには、職員の能力を最大限に開発・伸長することにより、東京都の組織力を一層強化していかなければなりません。こうした視点に立ち、東京都では全庁を挙げて効果的な研修(職場外研修、OJT、自己啓発支援)を実施しています。
 人材育成を効果的かつ効率的に進めるために、中央研修と局研修が連携し、職場外研修の充実を図っています。
 なお、本ページでご案内する研修科目等は全て平成25年度ものであり、今後予告無く変更される場合があります。また、研修により、対象となる職種が異なります。予めご了承ください。

各採用職種別の研修は、採用職種案内でご案内しています。 >> 採用職種案内へ

職場を離れ、能力開発のためのトレーニングを集中的に受けることが可能です!
また、オール都庁の各職場から集まった研修生同士の交流は、視野を広げ、新たな気づきや発見を生みます。



各局・各職場へのOJT推進支援策として、様々な取組を行っています。
*取組例*
◆ 「東京都職員OJT指針」策定      ◆ 「OJTに関する職員アンケート」実施
◆ 「OJTハンドブック」作成       ◆ 「OJT通信」の発行
◆ 「講師養成研修」(OJT推進科)実施   ◆ 「OJTパンフレット」の作成     等

勤務時間外に、自らの能力開発・向上を行う自発的な取組に対して支援を行っています。多様な能力開発ニーズに応えることができるよう、豊富なメニューを揃えています。
(※支援内容等は、平成25年度のものであり、今後、変更の可能性があります。)

 [総務局人事部事業]
  ・大学院修士課程修学支援
   →公共経営・公共政策分野の修士課程等の履修費用を支援
  ・大学院修士課程科目等履修支援
   →公共政策分野等の修士課程の科目等履修費用を支援
  ・大学公開講座受講支援
   →大学公開講座の受講費用を支援
  ・英語能力向上
   →仕事で英語を使用する方の語学教育機関等への通学費用を支援
 [各局事業]
  ・資格取得支援
   →資格・検定の取得費用を支援
  ・通信教育講座受講支援
   →各種スキルに関する通信教育講座の受講費用を支援