Q.東京都を志望した理由は何ですか?
 「何か人のためになる仕事をしたい。」と幼いときから考えており、身近な自治体であった東京都の福祉職を志望しました。
 また、大学時代に専攻していた精神保健福祉士と教員免許(保体・特支)の資格を最大限に生かせるのではと考えたのも理由の一つです。

Q.現在の仕事内容はどのようなものですか?
 中学1年~3年の男子児童と一緒に過ごし、生活指導を行っています。
 一つ屋根の下で同じ釜の飯を食べ、一緒に作業や学習、運動を行い、同じ風呂で汗を流しています。悩みを相談したり、子供自身の課題と向き合ったり、人との付き合い方を学んだり、思春期から大人になっていくために必要な要素を生活の中で途切れなく培っています。

Q.仕事のやりがいを教えてください。
 やりがいに溢れた仕事ですが、特に子供たちの成長を間近で感じられることや、一緒に汗を流し、運動や作業、行事に向けた準備等を行い達成感が得られることです。
 今年の寮のキャンプでは一から企画を任され、言葉にならない感動を味わうことができました。また、子供たちから学ぶことも多く、一人の人間として毎日成長させてもらっています。

Q.仕事をするうえで大切にしていることは何ですか?
 目の前のことを諦めないで、可能性ある限り全力を尽くすことです。
 成育歴や子供自身の抱える課題も様々な中で、困難も多くあります。そんなときに萩山に来る子供たちも諦めて来ているわけじゃない。新しいスタートを切るために来ているんだと思うことで、自分自身も可能性を信じて諦めないで、子供たちのために努力することができます。

Q.職場の雰囲気はどうですか?上司や先輩はどんな方ですか?
 どんなときでも「子供たちのために」という熱い想いを持ったベテランから若手まで幅広い世代が揃っていると思います。
 ベテランの先輩方から毎日たくさん学ばせていただいています。チームワークが大切な仕事でもあるので、苦楽を共にする中で職員同士支えあいながら頑張っています。また、日々学び合い支援技術を高めるために、テーマを絞った研究会や学習会、意見交換が活発に行われています。

Q.児童自立支援専門員を目指す皆さんにメッセージをお願いします。
 子供たちと真剣に向き合い、共に成長や変化を実感できる素晴らしい仕事だと思います。
 知識や経験といったことも重要ですが、一番大切なのは「子供たちのために」という気持ちです。
 子供達の成長を応援していく気持ちを持っている皆さん、一緒に働きましょう。