HOME > works > 保健師 > 先輩保健師からのメッセージ

先輩保健師・係長からのメッセージ タイトル

新卒入都 写真 所属

---東京都を志望した理由は何ですか?
大学に入る前から保健師を志していたこと、精神や難病、感染症等の幅広い分野を学べると思い、東京都を選択しました。新卒で保健師になることに不安もありましたが、東京都ならサポート体制もしっかりしていると思い、新卒での保健師を選択しました。

---現在、どのような仕事をしていますか?
地区を受け持ち、精神や難病、重症心身障害児の方と家族が地域で安心して生活できるよう、電話相談や訪問を通して支援しています。また、難病の事業を担当しており、講演会の企画等も行っています。

---職場の雰囲気はどうですか?上司や先輩はどんな方ですか?
みなさん明るく優しい方ばかりで、相談しやすい雰囲気です。地区のリーダーや係長だけでなく、周りの先輩たちにも相談しながら、働いています。

---東京都の職員になってみてどうですか?
入都当時は難しい事例が多く、慣れないことばかりで毎日が本当に大変でした。新卒での保健師は厳しかったかな、なんて思ったこともありましたが、周りの皆さんのサポートがあり、今は楽しくお仕事させていただいています。新任期に受ける研修では、事務職などの他職種との交流が出来る機会が多く、視野が広がります。

---これからの目標を教えてください
感染症対策、島しょ保健所など、これから色々な経験をしていきたいです。たくさんのことを経験していく中で、自分のやりたいことが見つかっていくといいなと思っています。

---1日の仕事の流れを教えてください
個人で進める作業が多いので、決まった流れはないです。午前中は電話連絡、午後は訪問に出かけ、帰庁してから記録をしていることが多いです。

---入都希望者へのメッセージ(特に新卒者に向けて)
新卒での保健師に不安を感じられる方も多いと思いますが、たくさんの人との出会いがあって、自分自身も成長出来る職場だと思います。皆様と一緒に働ける日をお待ちしております。

臨床経験後の入都 写真 所属

---保健師になろうと思ったきっかけは何ですか?
臨床を続ける中で、体調や経済面・支援者の存在などの様々な困り事を抱えながら入退院を繰り返す方々に出会い、このような方の地域生活を支える仕事がしたいと思うようになり、保健師を目指しました。そんな中、東京都の保健師募集を知り、東京都保健師の職域の広さと、専門性の高さから様々な経験が積めると思い、志望しました。

---現在、どのような仕事をしていますか?
入都して2年間は精神や難病の方の相談を受ける仕事を経験し、今年度から感染症対策に関わる仕事をしています。主な仕事には、結核の方が治療を続けられるように訪問や電話相談等の対応をしたり、HIV検査や普及啓発の事業に取り組んでいます。

---臨床経験について
病態や治療状況を具体的にイメージしやすいことは、相談対応時に役立っていると感じます。また、多忙な病棟勤務で身についた忍耐力と順応性は支えになっていると思います。

---入都希望者へのメッセージ
東京都は、職域が広く様々な経験を積めることが魅力です。研修や勉強の機会にもとても恵まれていると感じます。職場の皆さんはとても温かく丁寧に教えて下さるので、入都当初は転職に伴う不安はありましたが、これまでずっと楽しくやりがいを持って保健師を続けられています。皆さんも、ぜひ東京都の保健師としていっしょに働いてみませんか。

係長からのメッセージ 写真 所属

---東京都保健師の仕事のやりがいは何ですか?
大都市東京ならではの様々な健康課題に対して、広域的な視点に立ちつつ、市町村や地域の関係機関の方々と一緒に悩みながらも取り組むことができることです。
それによって、地域の連携が進み、都民の方々が安心して生活できる東京のまちづくりに向けて一歩でも二歩でも動き出す実感が得られた時には、この仕事を続けてきて良かったとしみじみ感じます。

---人材育成の取り組みについて教えてください
「東京都保健所における新任保健師の職場内研修計画」に基づいて、チューターを中心に職場全体が協力し、新任保健師の経験や能力に応じたOJTに取り組んでいます。
入職すると地区を受け持ち、対人保健サービスを基本から学んでもらいます。チューターはじめ先輩保健師が、ともに考えながら経験や知識・スキルを培っていく体制を取っています。地区を担当する責任は重いのですが、チューター保健師のサポートによって、いつでも相談でき、安心して仕事に取り組むことができます。
また、多分野の研修が用意されており、着実にスキルアップを積み重ねていけます。

---東京都保健師を目指す方へ期待することは何ですか?
東京都の保健師を目指す方々には、都民一人ひとりに寄り添うこころ、様々な関係機関と協働して仕事を進める力、様々な相談から課題を読み取る力、柔軟な発想力を身に付けて、新たな健康課題の解決に向けて取り組むチャレンジ精神を期待しています。