HOME > works > 児童福祉司 > 先輩児童福祉司からのメッセージ

先輩保健師・係長からのメッセージ タイトル

新卒入都 写真 所属

---東京都を志望した理由は何ですか?
以前、都内のある地域にて子育て支援の仕事をし、児童虐待に関する書籍やシンポジウムなどで児童相談所へ関心をもちました。その後、児童相談所の非常勤事務職へ就き、現場で働く機会を得ました。児童福祉司が子供たちのために奔走する姿を連日目の当たりにし、私のこれまでの経験、持ちえる能力に遠く及ばない業務であることを承知しつつも、生涯に一度は、子供たちのために骨身を削ってみたいと思うに至りました。

---現在の仕事の内容はどのようなものですか?
児童福祉法上でいう“児童”の「虐待」「養育困難」「非行」「障害」等の相談に応じています。流れとしては、相談を受理し、家庭やその周囲の調査を実施。調査に基づいて、心理司や所内チームで協議し、アセスメントを繰り返します。その結果、援助方針会議で子供にとってよりよい援助方針を決定し、家族の問題が解決するまで、多くの場合地域(保育園、学校、保健センター、警察等)と連携した支援を実施していきます。

---仕事のやりがいを教えてください
ケースワークがうまく運び、子供の笑顔につながったときや、対峙していた親側との信頼関係を築くことができたとき。また、地域や施設などの関係機関の調整がうまく進み、円滑に連携したときにもやりがいを感じます。朝から晩まで走り回っていますし、ある意味、自己の欠点が浮き彫りになる究極に辛い仕事だと思います。しかし、辛いがゆえに何かを達成できたときに感じるやりがいは、大きいです。

---仕事をするうえで大切にしていることは何ですか?
仕事上では、慣れたが故の見落としがないよう、初心を忘れず基本に立ち戻るようにしています。また、うまく連携し協力を仰ぐためにも、所内外問わず関係者・機関との信頼関係づくりに努めています。プライベートでは、しっかり寝ること、バランスの良い食事を摂り、仕事を忘れてゆっくりと過ごし、趣味に講じる・・・そこから明日への活力につなげています。

---児童福祉司を目指す皆さんにメッセージをお願いします
始めてみると、予想していた何倍もきつい仕事です。私は、経験・知識・技術あらゆる面が不足している分、着任当初、毎日が反省ばかりで苦痛でした。しかし、それまでの職務経験の中で培った忍耐や前向きな思考でなんとか乗り越えてきました。民間で様々な経験を積んできたからこそ、その強い足で踏み固められる地盤もあるかと思います。
未来の日本を支える子供達のためにも、是非、この職へ挑んでください。