ページの先頭です

ここから本文です

梅毒の発生状況

Q1 近年、東京都の梅毒患者数は増え続けている。

  • 正しい

  • 正しくない

正解は「正しい」です。

梅毒の患者報告数は2015年から急増しはじめ、2017年時点では約1,800人の患者報告がありました。これは法に基づく調査が始まってから、最も多い報告数となりました。
※感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

Q2 近年、東京都の梅毒患者数は、男女共に増加していますが、特に女性の患者報告数が急増している。

  • 正しい

  • 正しくない

正解は「正しい」です。

2014年時点では、東京都の女性の梅毒患者報告数は87人でしたが、2017時点では559人と約6倍に増加しています。
男性は、420人から1,229人に増加しており、約3倍になりました。

東京都の梅毒患者報告数(2007~2017年)のグラフ

Q3 近年の東京都の梅毒患者数は、男性は20歳代~40歳代、女性は20歳代が多い。

  • 正しい

  • 正しくない

正解は「正しい」です。

梅毒患者数は、男女ともに若い世代が多く、特に女性は約半数が20歳代と報告されています。

東京都の男女別・年齢別梅毒患者報告数(2017年)のグラフ