このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 生活の福祉 の中の 被災者の支援 の中の 東京都備蓄食材の原材料とアレルギー物質への配慮について のページです。

本文ここから
生活の福祉

東京都備蓄食材の原材料とアレルギー物質への配慮について

 東京都では、災害時直後(1~2日目)に必要な食糧を備蓄しています。
 その原材料は、下記のとおりですが、この中に食物アレルギーの対象食品(小麦、大豆、豚肉、鶏肉)が含まれています。

1.アルファ化米(五目ご飯)(A社製)

 うるち米、こんにゃく、人参、ごぼう、油揚げ、椎茸、しょう油、砂糖、食物油、食塩、ソルビトール、グルタミン酸Na、酸化防止剤(ビタミンE)
 (原材料の一部に小麦、大豆を含む)

2.アルファ化米(五目ご飯)(B社製)

 うるち米、鶏肉、ごぼう、竹の子、椎茸、人参、醤油、乳糖、砂糖、醗酵調味料、食物油、チキンエキス、食塩、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンE)
 (原材料の一部に小麦、大豆、豚肉、鶏肉を含む)

3.アルファ化米(白粥)

 うるち米

※アルファ化米とは…米飯を加熱調理後、保存性を高めるため乾燥処理したもの。水やお湯を加えるだけで食べることができます。

4.クラッカー

 小麦粉、ショートニング、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、モルトシラップ、食塩、膨張剤
 (原材料の一部に小麦、大豆を含む)

 都では、備蓄食糧の原材料に含まれる食物アレルギーの対象食品を周知するリーフレットを作成し、「食物アレルギーの対象食品を含む食糧と含まない食糧とが混在しないよう配布する」などの配慮により、各区市町村の避難所で安心して食事ができるように努めています。

 災害時に備え、家庭でも食糧の備蓄をお願いいたします!

お問い合わせ

このページの担当は 生活福祉部 計画課 管理担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

被災者の支援

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る