このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 生活の福祉 の中の 戦争犠牲者の援護等 の中の 「戦没者等の妻に対する特別給付金」、「戦没者の父母等に対する特別給付金」及び「戦傷病者等の妻に対する特別給付金」が支給されます のページです。

本文ここから

「戦没者等の妻に対する特別給付金」、「戦没者の父母等に対する特別給付金」及び「戦傷病者等の妻に対する特別給付金」が支給されます

1 「戦没者等の妻に対する特別給付金」について

 先の大戦において、一心同体である夫を失った大きな心の痛手がある上に、生計の中心を失ったことによる経済的な困難とも闘ってこなければならなかった戦没者等の妻の精神的痛苦に対して国として特別に慰藉するために特別給付金(記名国債)を支給するものです。

(1)継続支給

特別給付金
国庫債券
支給対象者
金額
受付期間
第二十七回は号
第二十二回特別給付金国庫債券「は号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成28年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
200万
平成28年10月1日~
平成31年9月30日
第二十二回を号
第十七回特別給付金国庫債券「を号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成28年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
200万
平成28年10月1日~
平成31年9月30日
第十七回つ号
第十回特別給付金国庫債券「つ号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成28年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
180万
平成28年10月1日~
平成31年9月30日
第十回な号
第四回特別給付金国庫債券「な号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成28年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
120万
平成28年10月1日~
平成31年9月30日
第四回む号
第二十三回及び第二十五回特別給付金国庫債券「い号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成28年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
60万
平成28年10月1日~
平成31年9月30日
第二十七回に号
第二十二回特別給付金国庫債券「に号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成29年7月14日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
200万
平成29年7月14日~
平成32年7月13日
第二十二回わ号
第十七回特別給付金国庫債券「わ号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成29年7月14日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合

額面

200万
平成29年10月1日~
平成32年9月30日
第二十二回か号
第十七回特別給付金国庫債券「か号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成30年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合

額面

200万
平成30年10月1日~
平成33年9月30日

注)国庫債券は10年償還の記名国債です。

(2)「戦傷病者の妻」から「戦没者等の妻」への移行

  「第二十三回特別給付金」又は「第二十五回特別給付金」の受給権があった方で、平成18年10月1日( 「第二十三回特別給付金」の新規支給対象者は、平成15年4月1日)から平成25年3月31日までの間に、戦傷病者である夫が公務または勤務に関連した傷病で亡くなられた方

 (ア)支給内容
  10年償還の記名国債で、額面(60万円~200万円)については戦傷病者の妻として特別給付金を受給されていた期間によって異なる。
 (イ)受付期間
  平成28年10月1日から平成31年9月30日まで

2 「戦没者の父母等に対する特別給付金」について

 先の大戦において、すべての子又は最後に残された子を軍人等として戦闘その他の公務により失った父母、又はこれらの父母と同様の立場にある孫を亡くした祖父母の精神的痛苦に対して国として特別に慰藉するために特別給付金(記名国債)を支給するものです。

特別給付金
国庫債券
支給対象者
金額
受付期間

 

第二十六回に号
第二十四回特別給付金国庫債券「に号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成28年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
100万

平成28年10月1日~
平成31年9月30日

第二十六回ほ号
第二十四回特別給付金国庫債券「ほ号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成29年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
100万

平成29年10月1日~
平成32年9月30日

第二十四回り号
第二十一回特別給付金国庫債券「り号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成29年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
100万

平成29年10月1日~
平成32年9月30日

第二十一回か号
第十九回特別給付金国庫債券「か号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成29年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
100万

平成29年10月1日~
平成32年9月30日

第二十六回へ号
第二十四回特別給付金国庫債券「へ号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成30年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
100万

平成30年10月1日~
平成33年9月30日

第二十四回ぬ号
第二十一回特別給付金国庫債券「ぬ号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成30年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
100万

平成30年10月1日~
平成33年9月30日

第二十一回よ号
第十九回特別給付金国庫債券「よ号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成30年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
100万

平成30年10月1日~
平成33年9月30日

第十九回た号
第十六回特別給付金国庫債券「た号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成30年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
100万

平成30年10月1日~
平成33年9月30日

第十六回れ号
第十四回特別給付金国庫債券「れ号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成30年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
90万

平成30年10月1日~
平成33年9月30日

第十四回そ号
第九回特別給付金国庫債券「そ号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成30年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
75万

平成30年10月1日~
平成33年9月30日

第九回つ号
第七回特別給付金国庫債券「つ号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成30年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
60万

平成30年10月1日~
平成33年9月30日

第七回ね号
第五回特別給付金国庫債券「ね号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成30年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
60万

平成30年10月1日~
平成33年9月30日

第五回な号
第3回特別給付金国庫債券「た号」を受給していた、又は受給権のあった方で、
平成30年10月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける権利を有している場合
額面
30万

平成30年10月1日~
平成33年9月30日

注) 国庫債券は5年償還の記名国債です。

3 「戦傷病者等の妻に対する特別給付金」について

 先の大戦において、生涯の伴侶である夫が戦争によって障害を受けた事により、日常生活上の介助や看護、家庭の維持等に払ってきた精神的苦痛に対して国として特別に慰藉するために特別給付金(記名国債)を支給するものです。

(1)継続支給

特別給付金
国庫債券

支給対象者 金額 受付期間
第二十八回い号 第二十三回特別給付金「い号」又は第二十五回特別給付金「い号」を受給していた、又は受給権のあった方

額面15万~50万円
戦傷病者の障害の程度や受給権取得時期によって金額が異なります。

平成28年4月15日~平成31年4月15日

注) 国庫債券は5年償還の記名国債です。

(2)新規支給

特別給付金
国庫債券

支給対象者 金額 受付期間

第二十八回い号

平成28年4月1日において初めて戦傷病者の妻になられた方

額面15万円
(軽症者の妻は7万5千円)

平成28年4月15日~平成31年4月15日

注) 国庫債券は5年償還の記名国債です。

(3)平病死特別給付金

特別給付金
国庫債券

支給対象者

金額 受付期間
第十三回よ号 第二十三回特別給付金又は第二十五回特別給付金の受給権があった方で、平成18年10月1日(第二十三回新規受給の方は平成15年4月1日)から平成25年3月31日までの間に、戦傷病者である夫が公務又は勤務に関連した傷病以外で亡くなられた方 額面5万円
平成28年10月1日~平成31年9月30日

注) 国庫債券は5年償還の記名国債です。

4 相続人請求

 上記「戦没者等の妻に対する特別給付金」、「戦没者の父母等に対する特別給付金」及び「戦傷病者等の妻に対する特別給付金」を受ける権利を有していた方が、請求をしないまま亡くなられた場合は、その相続人の方は自己の名で特別給付金を請求することができます。

<注意>
 上記1~4の請求については、受付期間を過ぎると時効により権利が消滅し、特別給付金を請求できなくなりますので、ご注意ください。

5 受付窓口

 お住まいの区市町村の援護担当課

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

戦争犠牲者の援護等

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。