このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都心身障害者福祉センター

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都心身障害者福祉センター の中の 地域支援 の中の 人材育成の事業(研修・講習会) の中の 研修・講習会実施報告(平成19年度) の中の 第5回就労支援研修会報告 のページです。

本文ここから

第5回就労支援研修会報告

1研修テーマ

「高次脳機能障害者の復職支援」

2開催日時

写真:研修会風景

写真:質問に答える講師

平成20年2月20日(水曜日)午後1時15分から4時45分

3構成

講演「高次脳機能障害者の復職支援」
 講師 東京都心身障害者福祉センター
多摩支所主任 古屋 幸宏  
話題提供(2)「東京障害者職業センターにおける職場復帰支援」
講師 東京障害者職業センター
主任障害者職業カウンセラー 高瀬 健一氏
話題提供(2)「地域支援機関との連携による復職支援の実際」
 講師 東京都心身障害者福祉センター
     地域支援課主任 石山 直子   
質疑応答 (多くの質問が出され、活発な意見交換が行われました。)
      

4目的

(1)高次脳機能障害者の就労支援のうち、復職支援に焦点を当てた実務的な研修会とします。
(2)復職支援の全体的な枠組みを確認するとともに、休業中からの経済保障制度の知識、会社との折衝の留意点、ジョブコーチ制度の利用等、具体的な支援方法を学びます。
(3)支援事例の紹介を通し、地域の就労支援に関わる機関、病院、障害者職業センター、都センター(高次脳機能障害者支援拠点機関)などの連携のイメージ作りをします。

5参加者数

総数64名(23区35名、26市町20名)
 内訳
 就労支援機関11名(6区、4市)所管課13名(4区、7市)通所施設18名(区部9、市部5カ所)医療機関13名(区部5、市町6カ所)その他9名(保健所、相談窓口、心身障害者職能開発センター等)

6アンケート結果

回収数56名(87.5%)
  講演   大変参考になった25名、参考になった29名、期待したほどではなかった2名
  話題提供(1) 大変参考になった34名、参考になった21名、期待したほどではなかった1名
  話題提供(2) 大変参考になった24名、参考になった29名、期待したほどではなかった1名

7主な感想・意見等

講演

  • 実体験を踏まえて、幅広い視点からお話しいただけたので参考になった。
  • 実際に支援する際、役立つ情報が多かったです。
  • 復職に関わる会社との相談内容など具体的にきけてよかった。
  • 企業に理解を求める実際のポイントがよく分かった。

話題提供(1)

  • 職業センターの役割、支援の仕組みがよくわかった。(同意見多数)
  • ジョブコーチの活用についての話が参考になった。当事者、企業側ともに大変重要な存在であることが分かりました。
  • 復職へのルートと各センターの機能がよく理解できました。

話題提供(2)
 ・あきらめないということを、事例から学び、励ましを受けました。
 ・事例が少ないので勉強になりました。
 ・メモリーノート、作業ノートの指導方法を就労支援センターでも取り組めるくらいにしていただきたい。 

お問い合わせ

このページの担当は 心身障害者福祉センター 地域支援課 就労支援担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る