このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都心身障害者福祉センター

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都心身障害者福祉センター の中の 地域支援 の中の 人材育成の事業(研修・講習会) の中の 研修・講習会実施報告(平成21年度) の中の 平成21年度 移動支援スキルアップ実務者研修概要報告(2009年11月11日) 東京都福祉保健局 のページです。

本文ここから

平成21年度 移動支援スキルアップ実務者研修概要報告(2009年11月11日) 東京都福祉保健局

移動支援は障害者の生活を支える重要なサービスです。現場の事業所では、ヘルパー不足、居宅介護を併用する利用者に制度を理解してもらうことの難しさや請求事務の煩雑さ、障害特性に基づく支援の必要性など、様々な課題を抱えながらサービス提供している現状があります。
今回の研修会は、事前に各事業所のコーディネーターにアンケート調査を行い、その結果得られた「課題」について互いに話し合うことで、他の事業所での取り組みを知り、日常の業務に役立つ機会となるよう企画しました。
事前アンケート結果、研修会のグループワーク、事後アンケート結果をまとめた報告書は「4 結果」よりダウンロードできます。

1 日時

平成21年11月11日(水曜日) 午後1時20分から4時40分まで

2 場所

東京都心身障害者福祉センター 4階大研修室他

3 内容

1 アンケート結果報告

移動支援事業所を対象に実施したアンケート(事業実施状況、コーディネーター業務について、事業実施上の課題)の結果報告

2 グループワーク

テーマ別のグループに分かれ、課題の解決策について話し合った

  • 1 知的障害のある利用者のヒヤリハットにどう対応するか
  • 2 本人と家族の希望のズレにどう対応するか
  • 3 コーディネーターとして、ヘルパーに関する課題にどう対応するか
  • 4 利用者のニーズに応える情報の取り方と、サービス提供のための情報共有とは
  • 5 求められるサービスと提供できるサービスのギャップにどう応えるか
  • 6 事業所間でサービスを提携することにより、どのようにサービスの質を高めていくか
  • 7 ヘルパーのスキルアップにどう取り組むか
  • 8 利用者の高齢化にどう対応するか

3 発表・講評

各グループで話し合った解決策と課題を発表し、ファシリテーターによる講評を受けた。

4 結果

1 参加者数 66名

2 参加者の主たる業務(事後アンケートより)

介護保険メイン:45.8%:、障害福祉サービスメイン:43.8%、同程度:10.4%

3 参加者の意見・要望(事後アンケートより抜粋)

  • 話を聞くのみのセミナーなどには参加したことはありましたが、論議しあう機会は初めてでした。
  • 市区町村により制度内容も違えば、取り組みも違いおどろいています。
  • そもそもガイドヘルパーが足りない。スキルアップも必要だが、絶対数の確保と底辺の拡大がなければ意味がないと思われる。
  • 他事業所と情報交換をすることが出来て、とても参考になった。
  • 移動支援の研修会が少ないので、増やしてほしい。

グループワークの様子

発表・講評の様子

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 心身障害者福祉センター 地域支援課 地域支援担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る