このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都心身障害者福祉センター

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都心身障害者福祉センター の中の 地域支援 の中の 自立支援(社会生活評価プログラム) のページです。

本文ここから

自立支援(社会生活評価プログラム)

 高次脳機能障害者の支援拠点機関として、高次脳機能障害者支援普及事業を着実に推進すると共に総合的・専門的な地域支援を行います。平成24年10月から、新しい通所プログラム(高次脳機能障害者のための社会生活評価プログラム)を開始しました。その他に、地域の関係機関への支援や相談ケースへの専門的な支援も行っています。

1  高次脳機能障害者のための社会生活評価プログラムとは

 地域の支援機関の依頼に基づき、自立した社会生活や就労(福祉的就労を含む)等といった社会参加を目指している方に対して、作業能力面、生活管理面、対人技能面などの評価を行い、課題の整理を行うためのプログラムです。
 評価結果をもとに、支援の方向性や関わり方について助言することで地域機関を支援します。

(1)利用対象になる方
・高次脳機能障害の診断がある満15歳から65歳未満の方(障害者手帳の有無は問いません)
・地域で生活しており(ADLは自立)、生活管理や職業準備性などに課題がある方で、通所等により地域の支援機関から支援を受けている方
・週2日の自力通所が可能な方

(2)利用期間
原則4ヶ月、通所は週2回から開始し、体調や目的に合わせて変更します。

(3)プログラムの内容
個別課題とグループ課題を組み合わせた支援(評価)を行います。

(4)相談方法
ご相談、申込みは地域の支援機関からになります。まずは地域の支援機関にご相談ください。

2 地域関係機関への相談ケースへの専門的な支援

 高次脳機能障害者担当チームと協働体制を築き、地域支援の事業の充実を図ります。(相談、助言、訪問、地域機関等への講師派遣、ネットワーク構築等)

3 社会生活評価プログラムQ&A

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 心身障害者福祉センター 地域支援課 就労支援担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る