このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都心身障害者福祉センター

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都心身障害者福祉センター の中の 刊行図書等の御案内 の中の 刊行図書等発行のお知らせ の中の 東京都障害者福祉交流セミナー報告(第9回) のページです。

本文ここから

東京都障害者福祉交流セミナー報告(第9回)

障害者支援に携わっている地域の関係機関の職員を対象に、今日の障害者福祉をめぐる動向と諸課題について理解を深め、利用者本位の支援のあり方とその仕組み作りについて考えることを目的とした東京都障害者福祉交流セミナーを実施し、報告書が完成しました。

1 日時

平成17年3月1日火曜日 午前10時から午後4時まで

2 場所

東京都社会福祉保健医療研修センター

3 プログラム

午前の部
基調講演「ユニバーサルサービスの視点から行政サービスを考える」
講師 井上 滋樹氏 博報堂 情報デザイン一部長

午後の部
パネルディスカッション
「障害者・高齢者の生活を支援するものづくりを考えるー福祉機器からまちづくりまで」
コーデイネーター
・後藤 芳一氏 日本福祉大学 客員教授(経済産業省 中小企業庁 技術課長)
パネリスト

  • 吉川 一徳氏 ふつうのくらし研究所所長
  • 安達  玄氏 TOTO ユニバーサルデザイン統括グループ グループリーダー
  • 今西 正義氏 NPO法人トータル・アクセス・サポート・センター(TASC)理事長
  • 星野 邦彦氏 板橋区福祉部障害者福祉課福祉のまちづくり担当係係長

4 参加者 161名

5 参加者の声

  • ユニバーサルサービスの必要性を理解できた。
  • 民間の方の話、そして、ユニバーサルデザインのハード面でなく、ソフト面に焦点を当てた講演が良かった。
  • 物事を考え、行動する基本的な意見を学べた。
  • 企業、NPO行政等多分野の話が聞けて、貴重な機会だった。
  • さまざまな視点、考えが聞けて参考になった。
  • 今回の内容を忘れずに今後の仕事に活かしていきたいと考えた。

報告書は下記を御参照ください

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 心身障害者福祉センター 地域支援課 事業担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る