ほっとけないぞ!CKD 慢性腎臓病
メタボが腎臓にもよくないってホント?
※メタボ(=メタボリックシンドローム)と慢性腎臓病は違う病気です

D腎臓を守るためには?

生活習慣の改善(禁煙、減塩、肥満・運動不足の解消、節酒など)は腎臓を守る基本です。

メタボは腎臓に悪く働きます

最近注目されているメタボリックシンドロームでも、CKDが起こりやすくなることがわかっています。

どのようなことを心がければよいでしょうか?

太りすぎの方や高血圧の方

医師から特に運動制限の指示がない方は、週2回程度30分以上持続して軽く汗をかくような運動を行いましょう。(例えば一つ手前の駅で降りて歩くなどの工夫)
また食事に気をつけましょう。塩分の摂りすぎは血圧を上げ、腎臓の働きに悪影響を与えます。塩分は1日6g未満を目標にして、塩分の多い食物は控えるようにしましょう。

飲酒している方

日本酒で1日1合以下にして、大量飲酒は避けましょう。
例)ビール(アルコール度数5度)なら中びん1本500ml、ウイスキー(アルコール度数43度)なら60ml

関連リンク

適正飲酒の10か条(社団法人 アルコール健康医学協会)

喫煙している方

喫煙は腎臓に密接に関係している心臓、肺に悪影響を及ぼすだけではなく、腎機能も低下させることがわかっています。禁煙を強く勧めます。

関連リンク

厚生労働省の最新たばこ情報

ニコチン依存症治療に保険が適用される医療機関一覧(東京都)

水分の摂取について

腎臓の機能が低下してくると、食事で摂る塩分や水分を制限する必要が出てきます。体内に塩分が過剰にたまってくると、さらに水分が排泄されなくなります。また、水分が過剰にたまると、むくみの原因となります。
しかし、極端に水分を摂らないことも、脱水を引き起こし、CKDを進行させてしまう可能性があります。
基本的に、塩分の十分な制限を行っていれば、水分をある程度摂っても問題ないと考えられています。摂ってもよい水分の量については、主治医と相談してください。

ページトップ