ほっとけないぞ!CKD 慢性腎臓病
メタボが腎臓にもよくないってホント?
※メタボ(=メタボリックシンドローム)と慢性腎臓病は違う病気です

注意したい薬剤一覧

腎機能が低下しているときには、腎臓でろ過される種類の薬剤は血中濃度が上昇しやすく、副作用を起こす危険性が大きくなります。われわれが薬局で自由に購入できる薬剤の中には解熱薬など、腎臓の機能を悪化させる可能性のある薬剤があります。腎機能が低下しているとわかっている方は、日ごろからかかりつけ医に飲んでもよい市販の薬剤やサプリメント・漢方薬などについて聞いておきましょう。
CKDの方は医療機関を受診した際に、必ずCKDであることを伝えてください。
注意したい薬剤としては、以下の4種類が挙げられます(他にもあります)。

注意したい主な市販薬の種類

  • かぜ薬
  • 解熱薬
  • 鎮痛薬
  • 抗菌薬

造影剤について

重い腎障害のある患者さんがガドリニウム造影剤を使用すると、腎性全身性線維症(NSF)を起こすことがあります。
NSFには現在確立された治療法はありません。
CKDの方は、医療機関を受診した際に、必ずCKDであることを伝えてください。

関連リンク ※興味のある方は以下のリンク先を参考にしてください。

日本腎臓学会「CKD診療ガイド2009」

ページトップ