MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 食中毒を予防する » 知って防ごう カンピロバクター食中毒クイズで知ろうカンピロバクター食中毒

クイズで知ろうカンピロバクター食中毒

答えのボタンをクリックすると、正解とくわしい説明が表示されます。クイズ形式で楽しみながら、カンピロバクターの特徴をつかみましょう!

1 カンピロバクター食中毒の原因になりやすい食品は、次のうちどれでしょう。

魚介類 生野菜 鶏肉 牛肉

2 カンピロバクター食中毒は、食材を十分に加熱すれば防ぐことができる。

はい いいえ

3 カンピロバクター食中毒は、新鮮(しんせん)な食材を使えば起こらない。

はい いいえ

4 カンピロバクターがついた食材を切ったまな板を、洗わずに次の調理に使っても問題ない

はい いいえ

5 食中毒はみな、菌がついた食品を食べてから数時間で発生する。

はい いいえ

6 食中毒は一般に、子供やお年寄りなどの抵抗力が十分でない人がなりやすい。

はい いいえ


このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ