MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 知って安心~トピックス~ »  間違えやすい有毒植物  » バイケイソウ類

バイケイソウ類(ユリ科)

 バイケイソウは、高さ1メートルにもなる多年草で、初夏に緑白色の臭気のある花を咲かせます。やや小型の仲間にコバイケイソウがありますが、同じく有毒植物です。


 ◇特徴
 自生地  深山、高山の湿地に自生しています。
 誤食部位 葉など。若葉が山菜として食用にされるオオバギボウシ(ウルイ)などと類似するため、誤食する場合があります。
 症状 おう吐、下痢、血圧降下、けいれんなど。
 毒成分 プロトベラトリン、ジェルビン、ベラトラミンなどのアルカロイド類。全草が有毒。

写真:バイケイソウ
バイケイソウ
写真:バイケイソウの若葉(毒)
バイケイソウの若葉(毒)
写真:オオバキボウシの若葉(食)
オオバキボウシの若葉(食)

このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ