MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 知って安心~トピックス~ »  間違えやすい有毒植物  » シキミ

シキミ(モクレン科)

  常緑の小高木で、葉は厚くつやがあり、春に淡黄白色の花を咲かせます。秋から冬にかけて星型の実をつけます。シキミの名前は「悪しき実」からついたと言われています。


 ◇特徴

 自生地 山中。墓地や寺院などに植えられていることが多い。
 誤食部位 実など。実を子供が遊びで食べてしまうことがあります。また、中華料理に使用されるダイウイキョウと間違えることもあります。
 症状 おう吐、下痢、めまい、けいれん、呼吸困難、血圧上昇など。
 毒成分 アニサチン、イリシン、ハナノミンなど。全草が有毒。特に実には毒成分が多い。

写真:シキミの花
シキミの花
写真:シキミの種子
シキミの種子

このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ