MENU

ホーム »  たべもの安全情報館  »  知って安心~トピックス~ » 間違えやすい有毒植物  » ドクゼリ

ドクゼリ(セリ科)

 大型の多年草で80センチメートルから100センチメートル位になります。若い葉や花は食用のセリに酷似しています。ドクゼリの特徴は、地下茎が太く緑色でタケノコ状の節があることです。


 ◇特徴

 自生地 小川、浅い池、沼、湿地などの水分の多いところに自生します。
 誤食部位 葉、根。形態がセリに似ていることから、間違うことがあります。また、根茎をワサビと間違った例があります。
 症状 おう吐、下痢、腹痛、けいれん、脈拍の増加、呼吸困難など。
 毒成分 シクトキシン。全草が有毒。

写真:ドクゼリ
ドクゼリ
写真:ドクゼリの地下茎
ドクゼリの地下茎
写真:ドクゼリの花
ドクゼリの花

このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ