MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 知って安心~トピックス~ »  間違えやすい有毒植物  » グロリオサ

グロリオサ(ユリ科)

近年、一般の家庭でも栽培されるようになり、露地では、初夏から晩秋に開花がみられます。


 ◇特徴

 自生地 アフリカ、アジアの熱帯地域に分布
 誤食部位 球根。球根をヤマイモと間違えて、食べてしまい、死亡した事例があります。
 症状 発熱、おう吐、下痢、背部とう痛など。死亡することもあります。
 毒成分 コルヒチン。全草が有毒。

写真:グロリオサの球根とヤマイモ
上:ヤマイモ(食)  下:グロリオサの球根(有毒)
写真:グロリオサの花
グロリオサの花

このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ