MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 知って安心~トピックス~ »  間違えやすい有毒植物  » カロライナジャスミン

カロライナジャスミン(マチン科)

 北アメリカ原産のつる植物であり、春に鮮やかな黄色の花をたくさん付けます。花がきれいなため、最近は庭木や生垣として盛んに植えられており、花には、かすかな芳香があります。


 ◇特徴

 自生地 北アメリカ原産
 誤食部位 花。
家庭で観賞用に栽培していたカロライナジャスミンの花を、ジャスミンと間違え、花に湯を注ぎお茶にして飲用し、足がふらつく、目の焦点が合わない等の症状を呈した事例があります。
 症状 めまい、けいれん、呼吸麻ひなど。
 毒成分 ゲルセミシン。全草が有毒。

写真:カロライナジャスミン(有毒)
カロライナジャスミン(有毒)
写真:マツリカ(ジャスミン)
    ジャスミン(正しくは「マツリカ」(モクセイ科))

このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ