MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 知って安心~トピックス~ »  間違えやすい有毒植物  » ユウガオ

ユウガオ(ウリ科)

 熱帯アジアが原産地とされる一年草。日本ではユウガオ、フクベ及びヒョウタンが変種として栽培されています。ユウガオの実はかんぴょうとして食用とされます。
 一方、ユウガオにはスイカの接木苗の台木用の品種もあります。これが成長した実には苦味が強いものがあり、食して中毒となった事例があります。


 誤食部位
 症状 唇のしびれ、吐き気、おう吐、腹痛、下痢 
 毒成分 ククルビタシン

このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ