営業許可を取得するための流れ(一般営業)

◆営業許可を取得するための流れ

【営業許可申請手続きの注意点】

  • 必ず保健所に事前相談しましょう。
  • 申請は時間的な余裕をもって行いましょう。
  • 営業許可書交付前には、施設を使用して食事の提供などはできません。

①事前相談

保健所の職員と相談を行っている様子
  • 施設基準に合致しているかなどを事前に確認するため、施設の工事着工前に図面等を持参の上、必ず保健所へご相談ください。
     ⇒施設の所在地を所管する保健所はこちら
     ⇒施設基準(一般営業)の詳細はこちら
  • 衛生的な管理運営をするため、施設ごとに食品衛生責任者もしくは食品衛生管理者を置かなければなりません。
     ⇒食品衛生責任者及び食品衛生管理者の詳細についてはこちら。
  • 貯水槽使用水(タンク水)や井戸水等を使用する場合、水質検査が必要です。

②営業許可申請(書類の提出)

施設完成予定日の10日くらい前に必要書類を保健所に提出して下さい。

<必要書類等>

営業許可申請書(法許可業種(PDF:13.6KB)条例許可業種(PDF:12.3KB)
 ⇒営業許可申請書・営業設備の大要・配置図の書き方についてはこちら
営業設備の大要・配置図(PDF:515KB)(2通)
 ⇒営業許可申請書・営業設備の大要・配置図の書き方についてはこちら
許可申請手数料(PDF:55.2KB)
登記事項証明書(法人の場合のみ)
水質検査成績書(貯水槽使用水、井戸水使用の場合のみ)
※許可後も、年1回以上水質検査を行い、成績書を保管すること
食品衛生責任者の資格を証明するもの(食品衛生責任者手帳等)

③施設検査の打合せ

担当者と施設の確認検査の日程等について相談をしてください。

④施設の確認検査

保健所職員が検査を行っている様子
  • 施設が申請のとおりか、施設基準に合致しているかを保健所の担当者が確認します。
  • 検査の際は営業者が立ち会ってください。
  • 施設基準に適合しない場合は許可になりません。不適事項については改善し、改めて検査日を決めて再検査を受けてください。
    ※施設基準に合致していることが確認できた場合、「営業許可書交付予定日のお知らせ」を交付します。

⑤営業許可書の交付

営業許可書のイメージ
  • 営業許可書交付予定日になりましたら、「営業許可書交付予定日のお知らせ」及び認印を持参して、保健所で営業許可書の交付を受けてください。
  • 施設基準適合確認後、許可書を作成しますが、交付までには数日かかりますので、開店日等についてはあらかじめ打ち合わせをしてください。

⑥営業開始

  • 営業開始後は、施設や設備が基準どおりに維持管理されているか常に点検するとともに、食品の取扱い等にも十分留意して、より安全で衛生的な食品を提供するよう心がけてください。
  • また、施設等に変更を生じたり、廃業したりした際には、保健所まで届け出てください。
     ⇒「既に営業許可をお持ちの方へ」をご確認ください。
  • 食品衛生責任者の名札(10cm以上(幅)×20cm以上(高さ))を施設内に掲示してください。
食品衛生責任者の名札のイメージ

◆保健所によくある質問

Q1

今まで営業していた店では営業許可を取得していたけれど、新たに別の店で営業をしたいのですが?

A1

別の施設で新たに営業を行う場合は、新たに営業許可を取得する必要があります。
 ⇒必ず施設の所在地を所管する保健所にご相談ください。

Q2

居抜き施設で営業を始めたいのですが?

A2

新たに営業許可を取得する必要があります。
 ⇒必ず施設の所在地を所管する保健所にご相談ください。

Q3

飲食店を始めるには、調理師の資格がないとだめですか?

A3

飲食店営業を行う場合、許可施設ごとに食品衛生責任者を置く必要があります。調理師の資格がなくても、食品衛生責任者になることができます。
 ⇒食品衛生責任者の詳細はこちら
 ⇒必ず施設の所在地を所管する保健所にご相談ください。

「PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料でダウンロードすることができます。

Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerのダウンロードページへ(外部リンク)

このページのトップへ