食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホーム東京都の取組・制度食品衛生監視指導平成30年度東京都食品衛生監視指導計画

食品衛生監視指導
平成30年度東京都食品衛生監視指導計画
平成29年度東京都食品衛生監視指導計画実施結果概要
過去の食品衛生監視指導計画及び実施結果概要

平成30年度東京都食品衛生監視指導計画

東京都では、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止するため、食品衛生法に基づき、監視指導等の計画を毎年度定めています。
食品衛生監視指導計画は、我が国最大の消費地である東京の地域特性を踏まえ、食品衛生法及び関係法令に基づく監視指導等の事業を重点的、効果的かつ効率的に実施するため、監視指導の実施に関する基本的な方向や、重点的監視指導を実施すべき項目に関すること、監視指導の実施体制等を定めています。

平成30年度東京都食品衛生監視指導計画

平成30年度東京都食品衛生監視指導計画(全文)(PDF:1.115KB)


本計画の策定に当たり、1月22日から2月4日の間、都民や事業者の方から御意見を募集しました。いただいた御意見と、それに対する東京都の考え方は以下のとおりです。


「平成30年度東京都食品衛生監視指導計画(案)に対する意見と東京都の考え方」(PDF:75KB)


特別区・八王子市・町田市の食品衛生監視指導計画へのリンク集

平成30年度計画の主な内容

1 食中毒対策

 給食施設や大量調理施設、飲食店、販売店等に対する監視指導を行い、食肉の生食等や、腸管出血性大腸菌、ノロウイルスによる食中毒の未然防止を図るほか、都民を対象として、食中毒防止に関する普及啓発を実施します。
 食品による深刻な健康影響が懸念される事例を探知した場合には、関係機関が適宜連携し、意図せぬ有害物質の混入も想定しながら、初動調査を行い、迅速な原因究明と被害拡大防止に努めていきます。
 また、平常時から近隣自治体との連携を密にし、緊急時における協力体制を確保します。


2 食品表示対策

 食品等事業者に対し、産地表示や期限表示等に関する偽装等の不正行為に係る監視や食品添加物表示、アレルゲン表示等に関する監視指導を実施し、都内に流通する食品の表示適正化を図ります。
 また、適正な食品表示を推進する人材を育成するため、食品表示に関係する法令の所管部署が連携して適正表示推進者育成講習会を開催します。


3 輸入食品対策

 輸入食品の流通の中枢であるという東京の地域特性を踏まえ、輸入食品等の検査、輸入業者の自主管理の推進等の対策を実施し、輸入食品の安全を確保します。


4 HACCPの取組支援

 HACCPによる衛生管理が制度化されることに伴い、食品等事業者へ制度の周知を図ります。
 また、食品等事業者がHACCPに取り組んでいくに当たり、東京都食品衛生自主管理認証制度を活用するなど、導入に向けた支援を実施します。


get_adobe_flashPlayer このページを正しく表示するには、Adobe Flash Player が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

▲このページのトップへ


▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全部 食品監視課 監視計画担当が管理しています。


▲このページのトップへ